無謀にも思える課題を解決していく第一歩。

ブリスベンの

ライフコーチ河合ゆうきです!

 

2019年、私がこのBeMyLifeを通して目指していく世界、

私がこの人生を通して取り組む使命がわかり、

はっきりとコミットできるようになりました。

 

それは、

 

ひとりひとり、あらゆる個人が

その個性を活かしながら人生を喜び楽しむことで、

森羅万象の全ての命にとっての真の調和がある世界

 

です。

 

森羅万象って大きなことを!

と自分でもビックリしたこともありますが、

だけどこの言葉によって、私が長年感じていた葛藤や想いが言語化されました。

例えば、

さかのぼれば保育園時代。

私が通っていた保育園のお隣には、希望の家という福祉施設がありました。

 

そこには、ダウン症や発達障がいとともに社会で生きる人たちがいました。

そして、私自身も保育園から中学校まで、知的障がいとともに生きる友人と一緒にクラスに通う日々を過ごしました。

その中で、彼らの純粋な優しさ、感情に触れながら育ち、私はその個性を知りました。

 

だけど、10代になってくると、社会の彼らに対する差別の目や、特別という表現をしているけれど、虐げるような雰囲気を感じ取っていました。

 

それは本当に悲しくて、どうしたら誰もが生きやすい社会になるのか?

子供ながらに考えていました。

 

高校時代には、身近に適応障がいやうつを抱える友人との関わりがありました。

大好きな音楽を続けたいのに、両親との関係などに葛藤し、学校にこれなくなる中、唯一連絡が取れる存在として、私は関わることも多くありました。

 

16歳そこそこの私は、メンタルダウンしてしまった状態の人と関わる。

という中で、図書館で様々な本を借りて勉強し、

どうしたら彼らが生きやすく、自分自身を肯定していくことができるのか?

を模索していました。

 

当時、私の母も協力的に様々な助言をくれて、私にできる限りのことはしようと心に決めて関わりました。

 

だけど、その時に感じた、

親の価値観と子供の価値観の葛藤受け入れることができない互いの立場などは、色濃く受け継がれる家族連鎖に気づくきっかけとなり、私自身の生きづらさを浮きぼる経験となりました。

 

そして大学では、進行性難病の団体のボランティアをしていました。

そこでは、進行する障がいとともに生きながらも、社会の中で自立していくための活動を身近で目の当たりにしました。

私にとって彼らとの時間は、「生きること」について、とても肯定的でポジティブな考え方をするきっかけとなりました。

私が肩ひじ張って考えていた「生きること」に対し、彼らは力を抜いて楽しむことを教えてくれた大切な存在です。

そんな活動の中でも、彼らの本質やそういった見えない部分は伝わらない、社会の中での不平等さを感じることがたくさんありました。

 

一生懸命声を上げる側と、受け入れる側。

その構図に疑問も持ちながら、私は看護師になりました。

 

大人と呼ばれる年齢になってからも、

私は日本の中での自殺率や、ホームレスの状況や、

さらには世界の発展途上国の人々の暮らし、

人だけでなく野生動物や環境汚染、自然破壊など

様々なところで、どうしたらこういった課題は解決されるのか?

というひとりで考えても答えが見つからないことを考えることがよくありました。

 

こういった想いや葛藤、

それは私が求めている世界が

全ての生きとし生けるものが

真に調和した世界だったからだとわかったのです。

 

そして、その解決にむけて

私ができることが、

まずは

ひとりひとり、あらゆる個人が

その個性を活かしながら人生を喜び楽しむ

ことができるような状態にガイドすることだと

今、感じています。

なぜなら、

人は本来の自分の喜びや幸せが満たされてこそ、

初めて人や環境といった周囲へ

心からの意識を向けることができるのだと

私は感じているからです。

 

本当に心から人や、動物や、環境を想い、

継続的なアクションができる人は、

まず自分のことがよくわかっている。

 

足るを知っている。ということでもある。

 

自分の喜びや幸せの実現に、

そういった部分が関わり、

影響しあっていることに気づいている。

 

私はそう感じています。

 

そんなことに気づいたきっかけは、

私自身が体調を崩して、

波動医学のバイオレゾナンスによって改善した経験にあります。

 

西洋医学でなく、東洋医学でもない。

一見すると怪しく見える波動医療。

だけど、それを私は選択し、信じて取り組み

改善した時、世界の見え方が変わったのです。

 

民間療法と呼ばれる医療や、

自然療法などの情報に

触れることが簡単になっている現代。

 

それを選択して取り組む時、

その結果を大きく左右するのは、

「自分で決めて、自分で責任をもって、信じて」

取り組んでいるか?

信じる力の部分がとても強く影響していることを知ったからです。

 

他力本願ではない、自分で決めて、心から信じて取り組むという姿勢。

 

自分で決めて、心から信じて取り組むためには、

まず、自分にとって生きることや、

この人生における幸せや、大切なことがわかっている必要があります。

それがわかっているから、ブレずに信じられるようになる。

 

そう感じたのです。

 

自分でこの人生を幸せに生きる責任を持っているか?

 

私はあの時、そう問われたように感じています。

 

責任転嫁や、誰かを悪者にしたり、

マジョリティとしてマイノリティを生み出すその心は、

自分の人生への責任を持っていないことから生まれている。

 

それに気づいたとき、まずはそこからの脱却が必要だと思ったのです。

 

だから、私はその為にできること、

その為に私がどうある必要があるか?に向き合い続けてきました。

 

そして、今その準備が整ってきていることを感じています。

 

本来の私であること。

それが何よりも重要なこと。

私がまず自分の人生の喜び、幸せに素直に生きているか?

そして、そこで気づき、受け取った優しさを世界に循環しているか?

 

日々そう生きているか?

私は今、自分に問いかけています。

 

強い風が吹けば、ブレそうになることもありますが、

戻る位置がよくわかっているので、心配はしていません。

自分のバランスを確認し、自分のための時間を持つこと。

そうすることで、私は関わる人のガイドができると実感しています。

 

この地球上にある様々な問題、課題と呼ばれること。

それらに解決に繋がる一歩を私はコツコツ歩んでいく。

 

まずは、あなたが本来のあなたを生きること。

あなたの人生を責任をもって、幸せに生きること。

そこからすべてが始まります。

 

そうやって生きることが、こどもだちが幸せに生きることに繋がり、自然や動物たちが幸せに生きることに繋がっています。

 

あなたは、本来の自分に気づいていますか?

 

9つの質問に答えることで、今のあなたの「本来の自分との繋がりの状態」を診断します。

回答はメールですぐに受け取ることができます。

あなたの現在の状態に加え、「人生の上昇ステップの鍵」として、あなたがより本来の自分との繋がりを確かなものにして、心からの喜びや幸せを感じる人生へのアドバイスもお届けします。

この診断を受けると、「超実践的!本来の自分につながる5つのステップレッスン」も自動でお届けします!

さっそく診断してみる!

 

 


 

誰もが一生懸命に人生を生きています。その中で、この社会や世界に適応し、うまくやっていくために、様々な本音、感情を抑えるようになっています。その結果、社会生活はできたとしても「何かが違う」「満たされない何か」を違和感を感じ、「本当の自分」「本当の人生」を探そうとします。

 

そんな違和感を感じたら、本来のあなたの感情、気持ち、過去に置き去りにしてきたあらゆる自分に気づくプロセスが必要です。「あなたの本当の感情に気づく3つのステップセミナー」では、本来のあなたの気持ち、想いに気づき、本来の自分の感覚を取り戻すためのステップをお伝えしています。

最新のセミナー日程はこちらから

 

セミナーで実際のプロセスを知って、具体的なワークと実践方法も知ることができます。

知っただけで終わらない、本来の自分に繋がっていくために、セミナー内容を実践し、ひとりひとりが本来の自分の感覚を取り戻し、本音や想い、自分の喜びと幸せを思い出すためのオンラインコースはこちら!

 

あなたの現状から、本来のあなたにつながるステップを知る体験セッション

 

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス