感情は後からでもいいから感じてあげる必要性。

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

 

今回はつぶやき。

 

 

私たちの生きづらさの大半は、
今まで生きてきた中で、
知ってか知らずか抑え込んできた
感情によって引き起こされるのだなと、
つくづく思います。

 

 

自覚がなくても、
過去になかったことにしたり、
抑えて蓋をした気持ちや感情は、
時間をかけてゆがんだ状態で、
私たちの人生に影響をしてきます。

 

 

 

本人にはそんな自覚ないんだけど、
こじれる人間関係、
どうしようもない孤独への
恐怖とか寂しさ、
ひとりで生きてはいけないという
自分を全く信頼できない状態、
ダメンズとの恋愛の繰り返し、
悲劇の主人公として人生にひたる・・・

 

 

といったことが起きてくる。

 

 

度が過ぎていくと、
正直一人では抜け出すことが
難しいことも多い。

 

 

オーストラリアでも、
そういったシチュエーションに身を置き、
周囲がどうしたものかとやきもきしている。
そんな状況に遭遇します。

 

 

これは私の使命なのか?
ここに対して私は何ができ、
どうすればいいのか?

 

 

考えることが多いです。

 

 

当人と話してみれば、
やっぱり、育ってきたこれまでの人生で、
抑えてきた感情や、
わかってほしかった想いが
あるんです。

 

 

わかってほしいのに、
わかってくれない。
私ばかりがこんな目に合って・・・

 

反面教師にしようと頑張ってきたのに、
自分でもどうしようもできない・・・

 

 

といったケースです。

 

 

 

人種問わず、
同じようにみんな直面するんだ。
と人間の共通性というか、
同じ人なんだなって感じます。

 

 

日本人だけじゃないんだなぁ。

 

 

こじれてしまった今、何ができるのか?

どうしたらいいのか?

 

 

みんな答えを求めているのですが、
ここでの答えは、その想いを感じてあげる。
目を背け、蓋をまたしようとして
抵抗したり戦おうとするのではなく、
その想いを知ってあげる。

 

 

過去に感じていた感情。
わかってほしかった想い。
言いたかった想い。
そのすべてを、
そうだったんだね・・・
と、まるで子供を眺めるように
しっかりと感じてあげることが大切です。

 

 

この感じる。
それは味わうということ。
その感情の感覚を丁寧に観察したり、
体中に広げて、
全身の細胞一つ一つで
感じてあげること。

 

 

癒してあげようとか、
消化しようとか、
消してみようとか
そういった意識は正直不要で、
ただ、ただじっくりと味わう。

 

 

そうすると、
最初は抵抗感を感じていた、
カラダやココロの感覚が、
一つ一つ解れていきます。

 

 

過去に感じずに抑え込んだ気持ちを
そうやって今、感じてあげること。

 

 

それが何よりも必要なこと。

 

 

 

そして、
現在感じている感情もまた、
同じで、その時々に無視せず、
しっかりと感じてあげること。

 

 

 

私たちの感情って
本当にもの凄くパワフルです。
記憶としてその感情は
今という現実を、
つまり自分の
思考や判断や解釈を操り
操作することさえできてしまう。
無意識にね。

 

 

私のセッションでも、
こういった感情を感じてあげる、
自分の五感に素直になることを
大切にしています。

 

 

これまで生きてきたすべての自分。
それをしっかりと感じてあげるステップを
取り入れながら、自分らしく生きる土台を育んでいます。

 

 

 

 

オンラインフリートーク

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

読者登録フォーム
お名前

苗字名前

メールアドレス

ワーホリマインドセットセッション

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください