人生が変わるワーホリポイントその2:海外で感じる理想や期待とのギャップに潜むもの

こんにちは!
自分らしい生き方を磨く!
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

人生が変わる!ワーホリ5つのポイント!
メール講座の内容を公開しています!

 

ポイント①では

ワーホリはとにかく実際に
「体験」することが大切!

とお伝えしました。

[st-card id=1598]

本日はポイントの2つめです!

 

 

=====本日の内容=====

理想と現実のギャップを感じたら
そこにはチャンスが隠れている

=================

 

実際にワーホリを体験してみると

想像していたのと違った~!

ということがあります。

 

理想や想像、期待してたものと
現実のギャップを感じることです。

 

良い意味で期待を裏切ってくれる
想像以上に楽しい!最幸!
ならいいのですが
そうでないと、結構ショックです。

 

「現地の人はみんな親切って聞いていたのに、
冷たくあしらわれた。」
「仕事があると聞いていたのに、全然ない。」
「語学学校がアジア人ばっかり!」

と色々あるかもしれません。

 

でも、この一見すると
ネガティブなギャップには
とっても重要なチャンスが隠れています!

 

それは、

 

自分が持っている
世界・ものの見方(パラダイム)
固定観念や身に着けてきた価値観、
本当は大切にしたいこと(価値観)を知る

 

チャンスです!

 

どういうことかというと・・・

 

まず、世界・ものの見方(パラダイム)について。

 

私たちは世界をありのままに見ているようでありながら、
実は自分が見たいように世界・ものを見ています。

 

そこにはメガネのようなフィルターがあり、
そのフィルターは自分の価値観や、固定観念の影響を受けています。

同じ出来事でも、人によって感じること、思うこと、反応が違うのは、
このパラダイム(世界・ものの見方)が違うからです。

 

さらに言えば、人によって採用している価値観、固定観念が違うからでもあります。

 

 

次に、固定観念について

 

固定観念とは、
~であるべき。
~であるはずだ。
など、知らず知らずに身に着けた思い込みのこと。

 

これらの固定観念の多くは
自分がそう思っているだけで、
実際はそうであるべき必要はないし、
そうであるとも限らないものたちです。

 

こういった思い込みは
自分の視野や、選択肢を狭めたり、
ストレスになることが実はたくさんあります。

 

そう、実は固定観念って、
制限しているんですよね・・・・。

自分の選択肢や自由を。

 

日本にいると、それは常識だったり
暗黙の了解の様になっているものもあって、
気づきにくい部分です。

 

それが、海外生活では

「全然当たり前じゃなかった~。」

「日本だけ?あれ、少数派?私だけ?」

といった衝撃を受けながら、
実は固定観念という制限をかけている自分に
気づくことができます。

 

~であるべき。
~であるはず。
それは自分がそう思っていただけ。

 

この固定観念が期待となっている場合、
実際にそうではない現実に直面し、
ショックを受けてしまう・・・。

 

だから、ちょっと振り返ってみてください。

 

何を期待していたか?
何が実際に違ったか?

 

そこにあなたの固定観念、隠れていませんか?

 

私が持っていた固定観念は、
笑えるものも多く、もうネタです!(笑)
一番最初のホームステイ先で気づいた
私の固定観念は

「ワーホリはひとりで行くもの」

でした。

 

今では心友のコロンビア人のカップルが
ステイメイトだったのですが、
私の中でワーホリにカップルで行くという
選択肢は微塵もなかったんですよ。

 

だから、最初は
「この男女の組み合わせは何だ?」
姉弟か何かかと思うくらい、
私の中では想像できない事でした。(笑)

 

もう、今となっては笑い話だし、
私はワーホリに対しても
どんだけ固定観念もってたんだ・・・
と思います。

 

私がオーストラリアで気づいた
固定観念は本当にたくさん。

 

~であるべき。ことなんて
全部私の思い込みなんだ・・・
本当にそう感じました。

 

 

次に、大切にしたい価値観について。

 

実際に体験した現実で感じるギャップ。
ネガティブな感情の裏側には、
自分が大切にしたいことが隠れています。

 

例えば、語学学校がアジア人ばっかり!
なことにショックだった場合、その裏側には、

・色々な国の友人を持ちたい
・アジア人だけじゃなく、
 ヨーロッパやほかの国の友人を作りたい。

という気持ち、大切にしたいことがあるでしょう。

 

現地の人に冷たくあしらわれてショックだった場合、
その裏側には、

・人には優しくしたい、優しくありたい
・困っている人は助ける、助け合う世界がいい

といった、大切にしたいことが見えてきます。

 

これらをさらに掘り下げれば、
人生において、
人との平等な繋がりを大切にしたい。
という価値観が出てくるかもしれません。

 

自分が大切にしたいことが守られなかったとき、
私たちは傷つき、ショックを受けます。

 

ネガティブな感情、
悲しみや、怒りといった
感情をいだくこともあります。

 

一見すると、負の感情は扱いにくくて、
出来れば避けたいものかもしれません。

 

だけど、どんな感情からも、
必ず自分の価値観を知ることができます。

 

価値観、
大切にしたいことや
好きなことがあるから、
人は感情を感じています。

 

だから、海外生活の中で感じた感情を
丁寧にみていくことで、

あなたにとって

心地よいことはどんなことか?
楽しいことは何か?
嬉しいことは何か?
何が大切なのか?
何が嫌いなのか?
どんなことが絶対嫌なのか?

がわかるようになります。

 

そしてそれらを知ることは
あなたの人生を幸せに
あなたらしく生きることに繋がっています。

 

だから、
理想と現実のギャップに直面した時は
チャンス!だと思ってください!

 

そこから、
あなたの大切な価値観
あなたの人生において
何が大切で、何が必要なことなのか?
がわかってきますからね^^

 

==Point2==

理想と現実のギャップを感じたら
((customer_name))の
固定観念、本当は大切にしたい価値観
を知るチャンス!

======

 

 

こういった海外生活で感じる感情、理想と現実のギャップをシェアしながら、
あなたが持っているパラダイム(世界・ものの見方)、
価値観や固定観念に気づいていく、オンラインの無料トークを定期開催中です。

 

 

海外生活経験を人生を変えるきっかけにする。

それは、自分の「体験」から成長、変化を実感し「経験」としていくこと。

あなたがどうして今、海外生活でもやもやしているのか?
悩みを感じているのか?は、
このフリートークで明らかになりますよ!

限定無料のワーホリマインドセット

 
 
 
自分らしく生きる人生へのステップを知る!
7日間の無料メールレッスン♪
 
お名前(姓名)
苗字名前
メールアドレス
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です