苦しい、楽しい、どんな現状も、実は自分が創り出している??

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

 

前回のブログでは、

私がワーホリをする以前に、
ずっと守り続けていた自分のイメージ。

それがワーホリでどのように変化したか?

について書きました。

 

まだ読んでいない方は
こちらからどうぞ!

[st-card id=1423]

 

 

私はワーホリ・海外生活を通して、
それまで日本で守ってきた

優等生イメージ
しっかり者
頼れる存在
リーダー的な存在・・・

といったイメージから

 

抜けている
しっかりしてないところもある
本当は頼りたい
リーダーよりついていきたい

という本来の自分の気持ちに従って、
等身大で生きられるようになりました。

 

私にとっては、海外だったから、
それまで着ていた鎧を脱ぐことができたと感じています。

 

日本で言うと、高校デビューとか、
大学デビューってありましたよね?
(今もあるのかは謎・・・)

 

学校が変わることで、
全く新しい人たちと一緒になり、
それまでのイメージから
イメージを一新するチャンスがある!

 

っていうことで、
高校デビュー、大学デビューって
使われていたと思うのです。

 

それが私にとっては
ある意味ワーホリデビューだったわけです!

 

着飾るのではなく、
ありのままの等身大の自分デビューです!

 

 

そして、ワーホリを機に、
どんどん自分の気持ちに素直に従い、
やりたいことをやってきています。

 

そんな私なんですが・・・

 

家族の中に戻ると、
どうしてもしっかり者の
長女をやってしまうのです。

 

あなたにもありませんか?

成長したな~と感じていながらも、
どうしてもその成長が逆戻りしてしまう環境や状況。

 

私は性分的に世話焼きです。
ホロスコープにもばっちり出てるので、
好きでやっている部分があります。

 

しかし、
好きでやっている以上に
頑張って色々やってしまう・・・
無理をして、疲れ切ってしまう・・・
そんな自分がいたんです。

 

それが今年に入ってから顕著に!
春からお盆にかけて、
私はまたもや一生懸命やりすぎてしまいました。

 

と同時に、家族に求められる内容、力量が
現在の私のキャパ以上なことに、
焦りや苛立ちを感じることがありました。

 

「うむ、結構頑張っても厳しいな・・・」

 

って心で感じながらも、
頑張ればできてしまうので、なんとかやってきました。

 

振り返れば、
子供の時からそういう部分があった私。

その当時は、
頑張って両親や家族を支えることで、
私の存在価値を測っていた部分もありました。

(頑張って家族を支えなければ
私には価値がない、認めてもらえないって
勝手に思ってたんです)

 

オーストラリアで等身大で生きられるようになって、大きく人生が変わったけれど、
家族の中ではそうならないことが多いな。って心で感じていました。

 

そんな中、
メンターとのセッションを受けていて
驚愕の事実に気づくことになりました。

 

それは、

 

今あるこの現状は
私自身が創り出している

 

ということです。

 

って書いちゃうと、
引き寄せの本か?!と
なってしまいますが・・・

 

つまり、私が家族からのヘルプを
(その容量、力量)大きく感じるのは、

 

私がこれまで、
それだけのヘルプ(容量・力量)を家族にしてきたから!

 

家族が求める100%を、
私はこれまで必死になって120%で返してきた。

 

その結果、
家族満足度は毎回100%超え。
毎回大感謝だった。

 

それを繰り返すうちに、
気づけば家族が求めることが
常に私の120%になっていた。

 

というわけです。

 

望んだ現実ではないけれど、
結局のところ、私自身がせっせと創り出していることに気づいたんです。

 

これに気づいたとき、
「現実は自分が創り出している。」
ということが、また一つ腑に落ちました。

 

そして、それをどんどん強化しているということも。

 

 

今ある現実、
これまで私が生きてきた現実が、
いかに自分によって創り出されていたか?を、これほどにも衝撃的に体感したのは今回が初めてでした。

 

 

そして、今ある現実。
ちょっと私には苦しい現実を引き続き継続していくのか?
変えていくのか?

は、私の行動次第になります。

 

だから、私は今回、
家族の中でのしっかり者の長女の
イメージを手放すことを決めました。

 

だからと言って
何もしないわけではないです。
世話焼きな部分はそのままに、
ただ、私自身が無理なくできることをする。
そう決めたのです。

 

できないことはできない。
難しい、厳しいということも伝えていく。
それが必要なんだとわかったから。

 

これには、今まで以上に意識して
自分の気持ちを感じること、素直になることが必要です。
(このさじ加減、塩梅がわかってなくて今回の様になっていたのですから・・・)

 

時には友人、メンターの力も借りながら
私自身のどうしたいか?気持ち、やれること
を確認していくことが大切だと思っています。

 

 

 

って、クライアントさんや
友人には同じようなことを伝えていますが、
いざ自分のこととなると、
なかなかわからないものなんですよね。

 

だから私自身、
メンター(お師匠)の存在
とても重要です。

 

私が望む未来・人生の方向を確認する
その為に今必要なことは何か?
を明確にするということを定期的にしています。

 

自分の軸を知ることももちろん大切ですが、
その軸に沿って生きていくためには、
人生のガイドやメンターの存在は大きいです。

 

 

ひとりでは気づけないことも、
こういった時間で気づくことができるから^^

 

 

そんな時間を私もクライアントさんと作っていこうと、
あらためて感じ、学ぶ出来事となりました。

 

こうやって成長していく、
より私らしく生きていくこと。

 

そして、それをクライアントさんへ還元し伝えていくこと。
これが私の生き方なのだ!とあらためて確認した夏でした。

 

 

 

オンラインフリートーク

 

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

 

 

ワーホリマインドセットセッション

 

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください