あなたが幸せかどうか?ワーホリで学んだ選択基準。

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

 

私は2014年にオーストラリアにワーホリに来て、
それまでの海外旅行とは違う日々の暮らしの中で、
オージー(オーストラリア人)はもちろん
私が仲良くしていたラテンアメリカ系の友人たちが
よく口にしていたフレーズがあります。

 

Being happy.

Be happy.

 

日本でも生活のことなども話す機会や、
ワーホリのこれからどうしようかな?
という選択の中で、
みんな口にしていた。

ホームステイで出逢った二人の
私にとってはオーストラリアのママも、
いつも私に
「ゆうき、あなたがハッピーかどうかが大切よ?」
と言葉をかけてくれました。

 

今思えばあんなに言われたってことは、
私は見た感じ何か幸せそうじゃなかったのか?
とおもうけれど、
真面目臭さがにじみ出ていたのだと思います。(笑)

 

選択の基準は、

あなたがHappyかどうかよ?

っていうフレーズ。

 

 

当時の私にしてみると、
幸せであるために選択をするって、
始めたばかりのリハビリでした。

 

だって、オーストラリアのワーホリをするまで、
私の選択基準は、自分がハッピーかどうか?
というものではなかったから。

 

 

家族の為とか、
社会的に考えてとか、
このほうがきっと周囲はいいだろう
とか、そんな自分以外のことを理由にして、
基準にしていたから。

 

 

そして、日本では、
やっぱり心のどこかで、
いつも自由に生きている人、
自分の気持ちに素直に選ぶ人が羨ましかった。

 

 

そこから、
私はオーストラリアに来て、
日本ではない環境の力を借りて、
ひとまずここでは、
私の人生における責任を果たせれば
何でも私のしたいことをしてよい。
と考えられるようになり始めていた。

 

 

それまで握りしめて気にしていた色々なことを
とりあえずここでは手放してみようと思えていました。

 

 

そして私の周りには、
自分がハッピーかどうか?
幸せを感じらえるかどうか?
という選択を大切に、
その人それぞれの人生を楽しんでいる人ばかり。

 

 

その環境では、
自由でいいこと、
自分の気持ちに素直になっていいことが、
当たり前でした。

 

 

ワーホリに来る選択をした時点で、
私はそうやって生きたいと願っていたし、
もっと自由に、軽やかに生きたいと思っていました。

 

 

ハッピーかどうか?
この選択基準で生きることは、
看護師時代からずっと課題だった、
後悔しない今を生きること。

 

誰かのために生きることから、
まず自分のために生きることを始めた瞬間でした。

 

 

20代の頃の私には
自分の好きなことをすることに
罪悪感を感じることもありました。
(家族は経済的に大変なのに、私はいいのか?とか)

 

だけど、自己犠牲の上では誰も幸せにできない事を知り、
私は大きな勘違いをしていたことを知りました。
これは以前書いたシャンパンタワーのお話。
[st-card id=1068]

 

まずは、自分を満たさなければ、
残念ながら誰も幸せにすることができない。
むしろ満たされない自分の人生は、
なんだかうまくいかない、いっていないと感じる。

 

 

自分を満たすこと。
自分がハッピーに生きること。
それはまず自分の人生を自分の為に生きること。

 

 

その結果、自分から出るエネルギーが変わる。
影響の輪が広がっていく。

幸せな人の周りは幸せになる。

私がオーストラリアでそうだったみたいに。

 

だから、まずは自分の為に自分の人生を生きること。
そしたら自然と大切にしたい人、
守りたい人の為にも、生きられるから。

 

オンラインフリートーク

 

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

 

 

ワーホリマインドセットセッション

 

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください