時間のある海外生活、ワーホリだからこそ気づくこと。

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

 

ワーホリあるあるの1つに、
日本にいた時よりも時間がある。
ということがあげられます。

 

あなたはどうでしょうか?

 

留学だとまた違うかもしれないけれど、
それでも日本で学生しているよりは、
時間があるという感覚があるんじゃないかな?

 

 

ワーホリにしても、留学にしても、
海外での生活って、
やっぱり日本の生活と違います。

 

 

 

全てが日本とは違う環境になります。
人も、社会も、文化も・・・

 

その中で、
時間の流れる速さが違うことを感じます。
または、時間の密度の違いを感じるかもしれません。

 

 

海外生活が始まると、
日本のそれまでの生活で
追われていた事が無くなって、
時間が出来たり、
追われていないから時間の速さを
ゆっくりに感じます。

 

 

例えば社会人だったら、
仕事や、つきあい、人間関係など、
日本では当たり前で、
誰もが一緒と感じていたことをする必要がなくなります。

そして、仕事をしたとしても、職種によっては、
日も暮れる前からすでに時間があって、
どうしよう・・・とか。

 

 

私自身も、ワーホリに来て、
語学学校も15時には終わって、
仕事もまだ見つけていなかったときは、
15時以降をどう過ごしたらいいのやら?
とソワソワしました。

 

 

気づけば、18歳で大学に進学し、
看護学部という通常の学部とはちょっと違う
忙しいスケジュールの中、
バイトも目いっぱい、実習も目いっぱい。
国師で最後まで勉強も目いっぱい。(一応書いてみる・・・)

就職も大学病院だったので、
残業も当たり前、連休ほぼ無し。
月7回の夜勤をこなしながら、
28歳までやってきました。

 

そんなスケジュールと仕事の中で、
プライベートな楽しみを詰め込み、
大学病院を辞めるまで、
それが当たり前の生活だったんです。

 

 

そこから派遣ナースで3ヶ月過ごし、
それでも結局のところ、
ワーホリ前にやりたいこと、
会いたい人のスケジュールで
この3ヶ月もカツカツでした。

 

 

 

そんな私が、28歳異国の地で、
1日ってこんなに時間があったんだ・・・。
と感じていました。

 

 

仕事を始めてからも、
ここはオーストラリア。
残業とかサービス残業は無く、
時間外ならしっかりペナルティレートがつく。
休みは休みできっちりな文化です。
確実に日本にいた時よりも、
時間がある生活でした。

 

 

 

時間があるということは、
余裕があることともいえます。

時間があると人は考えます。
それまで気づいていなかったことに、
気づいたり、感じたりするようになります。

 

 

だから、海外生活では、
日本とは違う環境の中で、
自然とそれまでの日本での生活や、
これからのことを考えるきっかけがあるんです。

 

 

 

文化や社会、人といった環境の違いを感じ、
そこから日本や自分の人生について、
新たな気づき、発見をすることもあります。

 

 

違いに触れるからこそ、
自分のことが見えてくる。

 

 

 

時間があるからこそ、
それまで素通りしていた些細な違和感や、
自分の中で抑えてきたことに気づいたりもします。

 

 

だから、ワーホリは自分探しになったり、
ワーホリがターニングポイントになって、
人生が変化したりする。

 

 

海外生活だからこそ感じる、
違いや違和感を無視せずに、
どうしてそう感じるのか?
自分はどうしたいのか?
ということを掘り下げてみる。

 

 

そうすることで、
本来自分がありたかった姿や生き方、
理想のライフスタイルが見えてきますよ。

 

 

オンラインフリートーク

 

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

 

 

ワーホリマインドセットセッション

 

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください