パーマネントパートナービザ(Subclass801)の申請方法~テンポラリーパートナービザ(Subclass820)からのPR申請~

ブリスベン在住河合ゆうきです^^

私は、2015年にパートナービザを申請し、2018年にPermanentパートナービザがおりました。

私たちは、ビザ申請には弁護士やエージェントは使わず、自分たちでオンライン申請のみで取得しています。

このブログでは私たちの経過記録と、パートナービザ申請における2018年10月現在の最新情報をまとめています。

この記事では、テンポラリーパートナービザ(Subclass820)からパーマネント(Subclass801)への申請の方法をまとめています。

テンポラリーパートナービザ(Subclass820)の申請に関してのブログはこちら↓↓

【注意喚起あり】ワーホリビザからパートナービザ(ディファクトsubclass820)の申請方法と私の記録。

(2018年11月のイミグレwebページリニューアル後の情報に対応しています)

パーマネントパートナービザ(801)申請はいつできるか?

オーストラリア政府、イミグレーションは、ビザに関する決まりや仕組みを年々変更しています。

※ここで書いている情報は2018年10月時点での最新情報となるので、必ずご自身が申請する際の最新情報を確認してください。

※2018年11月から、イミグレーションのwebサイトがさらにリニューアルされました。

Partner visa (Permanent) subclass801のページはこちら

 

2018年10月現在、テンポラリーPartner Visa820から、パーマネントPartner Visa801が申請できるのは、

一番初めのパートナービザ申請をした日、つまりImmiAccountでStage1のアプリケーションを確定した日から数えて約2年後からとされています。

以下の画像の赤線部分です。
リニューアル前は、自分が申請の適応があるかどうかを確認できるページがあったのですが、それが廃止されました。

 

パーマネントパートナービザ(801)の申請方法

パーマネントビザ申請の適応になっている場合、Permanent Partner Visa(801)をオンラインから申請します。

オーストラリア移民局は、2018年7月からビザの手続きは基本的にオンラインでの申請とし、最初のビザ申請がペーパーワークだった人も、オンラインでの申請を推奨しています。

このブログではオンライン申請の方法を解説します。

1.ImmiAccountからパーマネント申請アプリケーションを入力する

ImmiAccountの作成方法は、前回のブログを参照してください。

ImmiAccountにログインをしたら、左上のNew Applicationを選択します。

そこから、FamilyセクションのStage2-Permanent Partner Visa Assessment(100,801)を選択し、アプリケーションを立ち上げます。

アプリケーションに必要事項を記入して、確定をします。

アプリケーションに入力する情報は

  • 申請者の個人情報
    生年月日やパスポートナンバーなど
  • スポンサーの個人情報
    生年月日やパスポートナンバーやID情報
  • 申請者の渡航歴(テンポラリー申請後の情報)
  • 申請者の職歴(テンポラリー申請後の情報)
  • 交際を証明してくれる人の個人情報
    Stage2用にForm888を書いてもらった人の個人情報
  • テンポラリービザ取得後の交際の状況
    ・経済的側面
    ・生活の家事分担など
    ・社会的側面
    ・精神的側面
    ・その後どう変化したか
    毎度のごとく書かされます

記述の部分などは、1回ですべてを書き終えるのはなかなか大変です。

入力途中でも、saveすることでアプリケーションを閉じることができるので、save機能を活用しましょう。

また、必要書類としてアップする2名分のForm888を記載した人の個人情報を記入する欄もあります。

アプリケーションを入力するにあたって、Form888の依頼と必要情報を得る必要があります

2.必要書類をアップロードする

アプリケーションを全て入力し確定すると、必要書類をアップするアタッチフォームを使えるようになります。

必要書類をスキャナーや写真などでアップロードしていきます。

必要書類に関しては、公式ページのStep by Step セクションから確認ができます。

Step2 の Gather your documents にある、Show Stepsを開くと、書類のリストと詳細説明が確認できます。

Permanentの申請に必要な書類

絶対に必要な書類

  • 申請者のStatutory Declarations と申請者のIDコピー
    STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (APPLICANT) を記入しJPのサインをもらったもの
    パスポートのIDページをアップロード(IDは直接アップロードすればOK)
    ※申請者のSTATUTORY DECLARATIONに関して、リニューアル後のページには必要書類の中から削除されているので、必要かどうかがわからない状況です。(2018年11月30日時点)
  • スポンサーのStatutory DeclarationsとスポンサーのIDコピー
    STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (SPONSOR) をスポンサーが記入しJPサインをもらったもの
    スポンサーのIDをアップロード(免許証、パスポートなどIDを直接アップロード)
  • 交際を証明してくれる2名それぞれのStatutory Declarations
    Form888を2名分
  • ポリスチェック 警察証明(※前回アップしたものから1年経過し無効の場合)
  • 交際のステータスが変更している場合はその証明(婚姻や出産して子供がいる場合など)

提出が推奨とされる書類

  • 交際の経済的な側面を証明する書類
    賃貸契約の書類、jointバンクアカウント、お互いの名義の領収書や請求書、など
  • 家事分担の側面を証明する書類
    日々の買い物の領収、賃貸契約書類など
  • 社会的側面を証明する書類
    出かけた旅行などのチケット、写真など

私が実際に提出した書類

  • 申請者のStatutory Declarations と申請者のIDコピー
    STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (APPLICANT) を記入しJPのサインをもらったものアップロード
    パスポートのIDページをアップロード
  • パートナーのStatutory DeclarationsとIDコピー
    STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (SPONSOR) を相方が記入しJPサインをもらったもの
    免許証IDをアップロード
  • 交際を証明してくれる2名それぞれのStatutory Declarations
    彼のママと共通の友人にForm888を記入してもらい2名分アップ
  • Temporaryビザが下りてから以降の出かけた映画のチケットや写真など
  • 光熱費やVetBill請求の書類
    私名義と彼名義のものをそれぞれ

と、交際を証明する書類関連も、Temporary取得以降の日付のものをアップしました。

書類をすべてアップし終えたら、確定をします。

ここまでを終えたら、基本的にあとは待つだけになります。

 

Stage2パーマネントを申請してから取得までの期間

パーマネントビザの申請から、取得までにも待期期間があります。

私の周囲の友人の状況などから、個人によって待期期間はまちまちですが、早い友人は申請から半年で取得をしています。

私の場合は、申請から1年2ヶ月(14ヶ月)という結果でした。

政府の公式ページによると、現在の待期期間は18~25ヶ月とされています。

基本的に、政府が審査を始める際に、書類の不備がある場合はその連絡や、追加書類のリクエストメールがきます。

メールの返信期限は28日とされていて、その期間に返信や対応をしなかった場合は申請が棄却されると記載されていました。

ですので、ImmiAccountに登録しているメールアドレスに届くメールのチェックは必ずするようにしましょう。

私の場合も、2018年の8月に追加書類のリクエストが来たため、それに対応した結果、翌月の2018年9月にパーマネントビザがおりました。

指示された期間内で対応できない場合などは、その旨を伝えることで期限を延ばしてもらうことも可能です。

必ず、イミグレーションから届くメールが受信できるようにしておき、忘れずにチェックするようにしましょう。

万が一、メールがちゃんと届いているかわからない場合は、ImmiAccount内のMyAccountから、イミグレーションが発行したメッセージの確認ができます。

そこにメッセージがない限りは、イミグレーションからメールはされていません。

私の友人には待てどもメールが来ないと定期的にImmiAccountをチェックしていました。(笑)

まとめ

Temporary Partner VisaからPermanent ビザへの申請は、イミグレーションからの連絡はありません。

なので、自分で確認をし、アクションをしなければ永住権を得ることはできません。

以前は、イミグレーションからPermanent申請の知らせが届くようになっていましたが、システムとルールが変更されました。

毎年7月には様々な規定が変わっているので、年度が変わったらビザ申請の決まりは必ずチェックすることをおすすめします。

※この記事の情報は2018年11月時点での最新情報となります。

 

 

 

 

 

9つの質問に答えることで、今のあなたの「本来の自分との繋がりの状態」を診断します。

回答はメールですぐに受け取ることができます。

あなたの現在の状態に加え、「人生の上昇ステップの鍵」として、あなたがより本来の自分との繋がりを確かなものにして、心からの喜びや幸せを感じる人生へのアドバイスもお届けします。

この診断を受けると、「超実践的!本来の自分につながる5つのステップレッスン」も自動でお届けします!

さっそく診断してみる!

 

 


 

誰もが一生懸命に人生を生きています。その中で、この社会や世界に適応し、うまくやっていくために、様々な本音、感情を抑えるようになっています。その結果、社会生活はできたとしても「何かが違う」「満たされない何か」を違和感を感じ、「本当の自分」「本当の人生」を探そうとします。

 

そんな違和感を感じたら、本来のあなたの感情、気持ち、過去に置き去りにしてきたあらゆる自分に気づくプロセスが必要です。「あなたの本当の感情に気づく3つのステップセミナー」では、本来のあなたの気持ち、想いに気づき、本来の自分の感覚を取り戻すためのステップをお伝えしています。

最新のセミナー日程はこちらから

 

セミナーで実際のプロセスを知って、具体的なワークと実践方法も知ることができます。

知っただけで終わらない、本来の自分に繋がっていくために、セミナー内容を実践し、ひとりひとりが本来の自分の感覚を取り戻し、本音や想い、自分の喜びと幸せを思い出すためのオンラインコースはこちら!

 

あなたの現状から、本来のあなたにつながるステップを知る体験セッション

 

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください