海外生活は五感のリハビリにぴったり!本当の自分は感覚を取り戻す方法

ブリスベンの河合ゆうきです^^

以前の投稿で、

自分が本当にやりたいことや自分の本音は感覚によって湧いてくる

と書きました。

なぜ自分がやりたいこと、本当の自分がわからなくなるのか?

自分のことややりたいことがわからなくなってしまう原因は、自分の感情や本音を抑えて生きてきたから。

五感の感覚を取り戻して、自分が本当にやりたいこと、自分が本当に楽しくて幸せなことに気づくことが必要です。

鈍ってしまった五感のリハビリには、

自分がやりたい!と感じて選んだこと、挑戦がもってこい!

とくに、これまでの生活環境とはガラリと変化する海外生活は、五感のリハビリにはぴったりなのです。

今日は、海外生活でとことん五感のリハビリをするすすめについてお届けします。

非日常期間をまずは楽しむ

海外生活、ワーホリや留学や長期滞在、なんでも構いません。

これまでの自分の生活とはガラリと変化する日常の世界に身を置く事。

社会背景や文化などが違い、聞こえる言語や触れる雰囲気も全く違う海外生活は、

多くの当たり前の中で暮らしていた生活から一変した世界です。

ホリデーの旅行なんかでもそうですが、足を踏み入れたその世界は非日常世界。

人は、全く違う環境に身を置くと、防衛反応やサバイバル本能によって、五感がとてもよく働くようになります。

身を守る必要があるかもしれないからですね。

自然と五感は様々な違いをキャッチするようになります。

そして、自分がやりたいと選んだ事である場合、その刺激や変化をキャッチするとウキウキワクワクします。

この感覚をまずは楽しむこと!これが何よりも大切です。

見える景色、街並みや自然、聞こえる音、雑音でさえも新たな発見があります。

私はブリスベン空港に降り立って、ホームステイ先に向かうまでの中は緊張していましたが、家について車を降りた時に聞こえた鳥のさえずりにドキドキしました。

日本では聞くことのなかった、トロピカルな野鳥のさえずりだったからです。

聴覚が英語を聞き取るだけでなく、こういった生活の中で耳にする音にもよく反応するようになりました。

長期の海外生活の場合、最初の3ヶ月くらいは非日常期間になります。

人には適応する機能がある為、慣れてくると非日常だった海外生活も日常になっていきます。

その期間は人によって様々ですが、だいたい3カ月程度だと思います。

この最初の3ヶ月の非日常期間に、五感で感じたことをしっかりとキャッチして楽しむようにしてみてください。

海外のめちゃめちゃ甘いケーキの味やその土地の特有の食べ物

ホームステイやシェアハウスなどで食べる異国の人が作る料理の味

聞こえる言語、自然の音、町の中で耳にする音(信号機の音やスーパーの音楽、CMなどなど)

見える景色、バスのデザインや町のデザイン、日本で目にしたことのないものなどなど

自然の香りや食べ物の香りなど、様々なにおい

手や足、カラダで触れる自然やハグの感覚

五感は忙しい!って感じるくらいに沢山の新しい感覚を発見しています。

そうやって感じられることを味わい、五感の感覚を取り戻していきましょう。

思考が働き始めたら意識して感覚を感じてみる

非日常期間が過ぎるとどうなるか?

慣れ始めると私たちは慣れ親しんだ生活スタイルへとシフトしようとします。

それは「思考が働き始める。」と言う感じです。

感じたことや感覚以上に、思考が優先されて、一気に現実世界に引き戻されたように感じる人もいるかもしれません。

そうなったら、逆にチャンスです。

非日常期間で浴びた刺激、感じた感覚、これらを使って、

普段の生活の中から自分の本当の感覚を知る練習ができるようになります。

思考優先で感覚や感情を抑えるのではなく、本当はどんな風に感じているのだろう?と自分の感覚を研ぎ澄ませましょう。

非日常期間が過ぎることで、冷静に文化や社会、様々な当たり前や常識の違いに気づくようになります。

日本とは違う社会の中での価値観や考え方、人々の人生観、家族観などなど、

これまでに触れることのなかった価値観、知らなかった世界が広がっていきます。

その中で、日本では我慢していたけど、本当はやりたいことや大切にしたいことや生き方などに気づく感覚がきっとあります。

周囲に合わせていたり、学校や会社や社会、家族の中で置き去りにしていた「自分の本当の気持ち、感覚、思い、意思」を確認する時期になります。

新たな自分を発見するような感覚があるはずです。

実際は新たな自分ではなくて、本来の自分なんですけどね。

「本当はこんな風に生きたい」

「こういう感覚を大切にしたい」

「もっとこうありたい」

今まで抑えてきた感情、感覚に気づく瞬間もあるでしょう。

気づいたけど、行動できない時もあります。

だけど、気づくことが出来たら、選ぶことができ、実現することもできるのです。

気づいたら選択していく

自分の本音や感情に気づくことが出来たら、それを選択していく期間です。

感情で気づいたことを選択し、実践すると様々な気づきが起こってきます。

やってみたら違った!ってこともあります。

でも、やってみたからこそより自分の本音や感覚がわかることに繋がっています。

必ず、本来の自分が喜び、幸せな人生に繋がっているから、失敗はありません。

海外生活の中では、自分の本音に従って行動することが、おそらく日本にいるより簡単にできます。

周囲に、そうやって自分の本音を言葉にしたり、行動している人が多ければ多いほど、簡単です。

日本だと、周囲の目や、両親、社会、会社、友人・・・・などなど、長年気にしてきた目を気にして行動できないことも多いからです。

海外生活の中で、まずは

自分の本音に従って生きることが、自分にどんな感覚を与えてくれるか?

それをとことん体感しましょう。

自分の本音に従うことが、思ったよりも怖くない。

自分本音に従うと、自分が喜ぶ。楽しい、幸せ。

自分の本音に従うと、本音で語り合える友人ができる。

自分の本音に従うと、色々うまくいく。

といった、ハッピーな感覚、成長していく感覚などを感じられ、喜ぶ瞬間が増えるはずです。

その感覚は、本来の自分を生きる喜び、本来の自分の人生を生きている楽しさへと変化していきます。

この期間を丁寧に過ごすことで、自分の本音に従って生きる人生をデフォルトにしていくことができます。

海外では行動できるけど、日本に帰ったらどうしよう

自分の本音がわかって生きられるようになると、

日本に帰ってからのことを不安に感じることも増えるかもしれません。

それは、人によって身を置いてきた環境も違うので一概には言えませんが、本音に従って生きることが日本では難しく感じることもありますよね。

そんな時は、せっかく気づいた自分の本音にふたをして、海外生活を一時のバケーションとして終わりにするのではなく、どこにいても自分の本音で生きられるしなやかさを育むチャンスです。

次回は、どこにいても自分の本音で生きられるしなやかさを育むヒントを書いていきます。

 

本来のあなたとの繋がりをチェックする!

9つの質問に答えることで、今のあなたの「本来の自分との繋がりの状態」を診断します。

回答はメールですぐに受け取ることができます。

あなたの現在の状態に加え、「人生の上昇ステップの鍵」として、あなたがより本来の自分との繋がりを確かなものにして、心からの喜びや幸せを感じる人生へのアドバイスもお届けします。

この診断を受けた方限定で「超実践的!本来の自分につながる5つのステップレッスン」をお届けします!

さっそく診断してみる!

 


 

誰もが一生懸命に人生を生きています。その中で、この社会や世界に適応し、うまくやっていくために、様々な本音、感情を抑えるようになっています。その結果、社会生活はできたとしても「何かが違う」「満たされない何か」を違和感を感じ、「本当の自分」「本当の人生」を探そうとします。

 

そんな違和感を感じたら、本来のあなたの感情、気持ち、過去に置き去りにしてきたあらゆる自分に気づくプロセスが必要です。「あなたの本当の感情に気づく3つのステップセミナー」では、本来のあなたの気持ち、想いに気づき、本来の自分の感覚を取り戻すためのステップをお伝えしています。

最新のセミナー日程はこちらから

 

セミナーで実際のプロセスを知って、具体的なワークと実践方法も知ることができます。

知っただけで終わらない、本来の自分に繋がっていくために、セミナー内容を実践し、ひとりひとりが本来の自分の感覚を取り戻し、本音や想い、自分の喜びと幸せを思い出すためのオンラインコースはこちら!

 

あなたの現状から、本来のあなたにつながるステップを知る体験セッション

 

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください