27歳でワーホリに行こうと決めた私の情報の選び方と選択基準。

前回の記事はこちら

[st-card id=1256]

河合ゆうきです^^

 

27歳の11月頃、
私はオーストラリアにワーホリに行こう!
と決めたわけですが、
当時の私の知識は居酒屋のポスター程度。

 

情報収集が始まりました。

 

まずは以前も書いたように、
ワーホリ経験者の友人に相談。
カナダに行っていた友人を通して、
ちょうどオーストラリアワーホリから戻ってきたという
友人を紹介してもらいました!

 

3人でお茶をしながら、
ワーホリってどんな感じなのか?
という話を聞くことからスタート。

 

 

その時に、エージェントの話も相談し、
事前にエージェントに相談しなくても、
ワーホリなら無料のエージェントを活用すれば
問題ないと教えてもらい、資金節約のためにも、
私はエージェントは通さずできることは自分ですることに。

 

とは言え、ビギナーな私。
情報収集は必要です。
この情報収集、情報社会の現代では、
ちょっと気をつける必要があると思います。

 

私の情報の触れ方の前提として、

情報が多くなれば多くなるほど、
迷う材料も増えて疲れる
大切なポイントを見失いやすい

と同時に、

情報はその人(筆者)の意見であり、
その人の価値観が反映されている。

ネット情報は特に気をつけてみていく必要がある

 

という前提があります。
なので、

ワーホリについて、
幅広い視点の入った情報をできる限り無料で得たいと考えた時、
ワーキングホリデー協会のセミナーや情報は、
私の希望に合っていると感じたのでした。

 

 

当時、無料エージェントの情報を
うまく集められなかったし、
色々迷ったり、探す時間よりも、
自分の感覚に従っていました。

 

プラス、当時の私は初めてのワーホリ・海外生活
海外旅行と違ってビビっていた・・・(笑)
現地でエージェントや、語学学校を決めるほどの
余裕と度胸はありませんでした。(笑)

 

初めてのワーホリなら、
やっぱり楽しく挑戦してよかった!
と感じられるようにしたい。
できる限り自分が安心できるように
準備をしていこうと決めました。

 

 

ということで、
日本ワーキングホリデー協会
・無料の懇談カウンセリング
・初心者セミナー
・語学学校の選び方/比較セミナー
を活用しました!

 

 

セミナーを活用しながら、
私はいったいワーホリでどんな経験やどんなことを得たいのか?
を改めて考えてみました。
ただのホリデーでも悪くはない。
しかし、この期待感を裏切らない結果を得たいし感じたい!
と思っていました。

 

まずは、HPで情報を得ながら、
「海外生活をしてみたい」
というシンプルな部分から、
どんなことがワーホリでできたらいいか?
ということをイメージしていきました。

 

そのスタートは語学学校。

 

語学問題について
・英語は最低限必須、仕事をする必要がある
・コミュニケーションとして英語を学びたい
・仕事、暮らしが最低限できるレベル
国境を越えた友人・仲間を持ちたい
私は座学よりも実践で習得するタイプである
(看護学生の時にも看護師になってからもそれを感じている)

ことから、
アクティビティやイベントが多く、
学校の授業外も充実した語学学校
を選びたいと思いました。

 

アカデミックに学びたいとは当時全然思わず
(あ、今も?笑)
楽しく、だけど成長を感じられる学び方!と思っていました。

 

これを明確にしてから、
私は語学学校を決めました!
と同時に、ホームステイもしてみたかったので、
一緒に1ヵ月お願いすることにしました。

 

費用は掛かるけど、
セミナーでの割引などを利用したり、
使えるものを使いながら、
どうしたら安心か?どちらがいいか?
自分の気持ちに素直に選んでいました。

 

ワーホリ協会を通して、語学学校とホームステイ、
渡豪からの約1~3ヶ月のプランが見えてきました。

 

 

今日は情報収集と語学学校について書きました。
正直、現在巷には選び方や、情報も溢れています!
無料で得られる情報もたくさんある!
そんな中で私は何をお伝えできるか?を考えた時、
その情報をどう扱うか?どう扱ったのか?
の部分だと思いました。

なぜなら、

・人は情報が多くなれば多くなるほど意思決定が難しくなる
・発信されている情報にはその人(筆者)の価値観が反映されている

ということを知らずにぐるぐると
迷って決断の機を逃している人も多いから!

 

ワーホリをスタートするとき、
最も大切なことは

・自分がどうしたいか?
・どんなワーホリにしたいか?
・どんなふうに過ごせば後悔しないか?

に沿って選択していくことだと思います。

 

私のワーホリ準備期は、

・どうしたら安心してワーホリに行けるか?
・どうしたら私の得たい経験にワーホリがなるか?

を基準に情報を集め、吟味し、選んでいました。
私の準備期の選択・決断基準はそれでした。
そこに予算の都合が入っていた感じです。

私の回想記では、私がワーホリを通して、
自分の気持ちに従うことを優先していった過程を中心に書いていきます。

 

もし、質問や、これはどうだったの?
ということがあれば、FacebookまたはLINE@でお気軽にメッセージを!

 

あなたのワーホリの参考になれば幸いです!

オンラインフリートーク

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

読者登録フォーム
お名前

苗字名前

メールアドレス

ワーホリマインドセットセッション

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください