河合ゆうき②自分を信じなかった後悔から学んだ中学時代

河合ゆうきです^^

私の生い立ち、マイストーリーを綴っています。

河合ゆうき①誕生~小学生:子供らしくいられなかった子供時代

 

音楽、仲間との時間、初めての経験をする楽しさを知る

小学校で合奏クラブ、楽器演奏と合奏の面白さを知ってしまった私。
中学で何が楽しみだったかといえば、もう部活だけでした!

なので、中学校生活は、学業というよりも、
私の中では部活が楽しくて学校に通っている感じでした。

楽器も憧れの先輩と同じパートを選びテナーサックスに。
(本当はアルトサックスが良かったけど、それは結局どっちでも良くなる)
両親に頼み続けていたので、My楽器も手に入れました。

買うならいいやつを買おうと父が真剣に私の楽器購入をサポートしてくれたことがうれしかった。

演奏することももちろんですが、
部活の先輩と過ごす時間、部活の仲間と過ごす時間、すべてが楽しくて充実していました。

 

そんな中、中学2年になると生徒会の役割をすることになりました。
生徒会も楽しかったのですが、思うように部活に参加できなくなっていきます。

部活と生徒会で時間は目一杯だったけど、
その時しかできない事を、私は楽しんでいたと思います。

このころから私は、何か初めてのことを経験すること、そこから何かを学ぶことが楽しいと感じていました。

成長できる環境、新たな挑戦が好きだと気づいたのでした。

生徒会も好きだけど、やっぱり吹奏楽部への思い入れは強く、私は吹奏楽部の部長をやりたいと思いました。

大好きな吹奏楽部で何かを成し遂げたい、
その当時から後輩にしたってもらえる強みもあったので、
みんなの士気を高め、コンクールに挑みたいと思っていました。

自分の力を信じることができなかった選択

そんな中、生徒会副会長の役が決まり、私としては迷いが生まれます。
2年生の時の経験で、生徒会にどれくらい時間が割かれるかを知っていたので、
その状態で部活を率いることができるかを考えました。

吹奏楽部への情熱は部内一といえる自覚はありました。

だけど、不在になることが多くなるなら、
私よりも部活に参加できて、部内を見渡せる人の方が部長に適任では?
と考えたのです。

忙しそうで不在がちな部長より、部活に常にいてくれる、
頼れる部長の方が部員も安心だろうし、練習を進めるのもいいだろう。それが部活の為だ。
そう思いました。

と同時に、

不在がちでも熱意や情熱があれば、部内の士気を高め、部を引っ張れるのでは?
私にはできるんじゃないか?

という想いもありました。

そんな葛藤を持ちながらも、私は生徒会の活動に専念し、
部活は縁の下の力持ち的な役割で参加することを決めたのでした。

この時、私の中では、
一番やりたかったのは部活の部長でした。
だけど、それを現実の状況に合わせて、私は選びませんでした。

その結果、私は人生で初めて、ものすごく後悔することになったのです。

生徒会後に参加する部活の雰囲気は徐々に悪くなっていく。
誰も練習していないこともありました。
え?何してるの?みたいな。

後輩から、何をしたらよいかわからないと言われ、
練習について各パートに提案や、メニューを伝えるものの、
コンクールに向けての練習の意欲がみんなバラバラで、どこに向かっているのかわかりませんでした。

部長は練習を見るでもなく、自分のパートだけ。
それでも、部活中喋っていることがほとんどで、合わせの練習はほぼしていないと後輩から伝えられる。

どうしたものかと悩みました。
そんな状態なので、いざ合わせをしても・・・。
顧問からも怒られるばかり・・・。

私にできる事は必死にやっていたけれど、
自分のパートと、関連パートの士気を高めることが唯一できること。
提案やアドバイスもしてみるものの、そんなに目立ったことはできずにいました。

その結果、
吹奏楽部は、空中分解寸前。

私は何をやっているんだろう?

その当時、毎日そう思いながら、生徒会を終えて部活に参加していました。
そして、とどめの一言が部長から発せられたのです。

「私は部長をやりたくはなかった」

「え、立候補してたじゃん?」と私の心に衝撃が走りました。
「言い訳なんかいらないから、何とかここからでも頑張ろうよ。」

そう思いまいした。

そして部長は部活に来なくなりました。

私は当時どうしたらよいか、全く分からなくなりました。
だけど、コンクールにはエントリーしている。
できる限りはみんなで何とかしないと・・・。

その夏の演奏は、正直酷かったと思います。
個人のレベルの問題ではなく、息を合わせることができずにいました。

私は自分が情けなくなり、

私は生徒会も部活も両方できたのでは?
むしろ生徒会をほかの人にやってもらえるようにすればよかったんじゃ?

と色々考えました。

そう、後悔ばかりで、悔しくて悲しかった。
もっと自分を信じればよかった。
私だったら絶対もっとやれたよ。
そう心から想いました。

そして、私は高校では部活にすべてを注ぐと決めました。
その為に、部活で高校を選ぶことになったのです。

私の人生のライフワークに繋がる原点との出逢い

ここで、中学の時、私にはもう一つ大きな出来事がありました。

私には、保育園時代から、知的障害と共に生きる友人がいました。

普通の保育園に通い、小学校も特別支援学級に通いながら、普通学級に所属していました。

そして中学も同じように進学していました。

私としては、それはごく当たり前でした。
だからその当時は、彼女の両親がどんな思いで、私たちと同じ生活を選んでいたかは、わかっていませんでした。

そんな彼女が、中学2年の時、
特別支援学校へ転校することになりました。

当時は養護学校と呼ばれていました。
私はその時、どうしてそうしなければならないのかがわからず、
担任の先生や、特別支援級の先生に色々尋ねました。

その当時、勝手に先生たちがそう仕向けたと思ったくらい、理解ができなかったのを覚えています。

現実問題として、普通級のクラスには、
私たちとは違う考え方や、彼女を受け入れられない雰囲気もありました。

だから転校させるんじゃないのか?

とその当時は思っていました。

そうして特別支援学校に転校した彼女。

その後私は、学園祭や、行事の度に支援学校に行くようになりました。

そこで目にする学校の姿、教員の姿に、私はものすごく衝撃を受けたことを覚えています。

私がイメージしていた学校とは違ったからです。

 

そこでは、彼らが社会で生きていくための勉強をしていました。
そして障害と呼ばれる彼らの個性をどう活かしていくかを学んでいました。

そこで感じた事、
私は彼女が転校したことは大正解だったと思いました。

もっと理解してくれる人達がそこにはいて、
彼女ができること、得意なことを伸ばし、

そしてこれから生きていくための力を身に着けていく。

私が知らない世界がそこにはありました。
そして、その世界は私に何かワクワクするものを与えました。

今思えば、きっかけです。
私が人と心に向き合うきっかけ。

そこで私は、中学での職場体験実習に、特別支援学校の教員を選んで参加しました。

結果、その実習では、特別支援学校の教員よりも、
保健室の養護教諭の存在に魅かれました。

特別支援学校の教員はみんな、生徒と家族にとても近くある存在。
その中でも、養護教諭の存在は、彼らの健康面や、成長面を含め、
また障害に対応していくための指導も含め、とても温かな存在に感じられました。

そして、私は特別支援学校の保健室の先生になりたいと思うようになったのです。

こういった経緯から、私は高校を選びます。
部活ががっつりできて、かつ養護教諭になる大学に行ける。

その結果、地元の文武両道の進学校に入学するのでした。

オンラインフリートーク

 

海外生活という共通体験から、今ある悩みを未来への一歩に変えるフリートーク!

10月11月期間限定で無料開催!

無料メールレター登録はこちら

 

 

ワーホリマインドセットセッション

 

【ワーホリマインドセット個人セッション】
やってみたい!その根底にある、あなたの本来の想いを知っていく。
あなたはまだ気づいていない、ワーホリに行く理由、目的がわかります^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください