全てを受け入れる愛、母と娘の葛藤を越え、ハートのある男を探す。

ブリスベンの河合ゆうきです^^

モーリーン・マードック著
ヒロインの旅ー女性性から読み解く〈本当の自分〉と創造的な生き方

社会や外側からの評価のために一生懸命生きる人生から、本来の自分を思い出し、ありのままの自分の価値を感じ信頼して、幸せに生きる人生へのシフトのプロセスです。

このプロセスは女性だけでなく、競争から調和や統合に向かうこれからの時代に、多くの人のガイドになるはず。

だから、このプロセスをシェアしたい!と心から感じ、ヒロインの旅シリーズをつづっています。

これまで一生懸命頑張ってきたはずなのに、手に入れる結果も現実も、心を満たしてくれる幸せではないことに気づいたとき、それがヒロインの深い旅の始まりです。

それまで続けてきたことを辞め、自分の内なる世界へと深く内省を始める。

そうして気づき始める、これまで抑えてきた感情や、過去に感じていた感情たち。

気づかぬうちに、男性性を使っていた自分、女性性や女らしさを否定した自分に気づいていきます。

そんな冥界下りが始まると、闇の底から抜け出す時に避けられないプロセスがあります。

それは、女性性を否定したきっかけ「母/娘の断絶を癒す」という深いレベルでの女性性の修復です。

仲良し親子であっても、そこにある母と娘の葛藤

母と娘の断絶 だなんて書かれると、さぞ母を憎んでいたのだろう・・・なんて感じがします。

でも、これはメタファーであり、母を通して女性性を否定したり、女らしさに対してのネガティブな印象を感じた事などを表しています。

どんなに仲良しな親子であっても、母に対してすくなからず葛藤を抱えるのが娘なのです。

口うるさくてこうしろ、ああしろって言われて従ってきた。

何も言いはしなかったけど無言のプレッシャーを感じてきた。

母代表みたいな優しい母だっただけに、そうなれない自分がダメに感じてきた。

どんな家庭にも、表面には見えない内面の葛藤があります。

 

子どもが自身の感情のパターンを育むとき、そこには母親が影響しています。

自分の身体に対する認識、自信、外の世界のとらえ方、恐怖や不安との対峙の方法、愛のとらえ方。

様々なことの受け取り方、そして与え方も、母親の影響を大きく受けているのです。

その際に、実際の母親がどうだったか?ということ以上に、

子ども側は母親をどのように認識し取り込んだか?がその後の人生に影響しているのです

そんな、一度取り込んだ母親の認識、イメージが、女性性を素直に受け入れられないように働いていること。

これが母と娘の断絶、分離です。

女性の真の価値と力に気づく

母と娘の分離の修復とは、自分で傷をつけることを選んだ女性性を、母親という存在を通して癒していくプロセスでもあります。

そしてこのプロセスで私たちが気づくのは、深く包み込み育む大自然のような愛です。

女性性の真の価値、真の愛と力、その深さと広さに気づくために、母との葛藤を癒すことが必要なのです。

命を育み次世代へとつなぐ力。

人々を繋ぎ、仲間を育む力。

家族を繋ぎ、愛をもって包み込む力。

気づき、気にかけ、見守る力。

そして、いつでも帰ってこれる場所としてある力。

真の女性性とはこういった、器に満たされた愛情です。

そこにいるだけで、あふれんばかりの愛情を放ち、人々を包むことができる。

自分で否定してきた感情、母親を受け入れ癒していくことで、この真の価値に気づけるようになるのです。

自分を縛り付け、苦しめているその感情を見つめ、癒し、そこから見える母親を受け入れていく。

母親を受け入れるということは、本当の自分自身も受け入れることなのです。

不自由にしているのは自分だということに気づけると、そこから本当のバランスを見つけるプロセスへと進めるのです。

母親の支えが受けられないと、娘は何でも自分でしようとする。

アルコール依存症の親を持つ子供もそうなりがちだ。

助けてもらった経験がないから、うまく人に頼れない。

無力さを隠そうとして、自分でなんでも完璧にやり遂げようとする。

本当に自己の力を回復するには、まず人に頼ることを学ばねばならない。


私は心の仲間を探すイメージエクササイズをした。

鷲が思い浮かんだので、私を縛るものは何かと尋ねた。鷲はこう言った。

「あなたは自分の怒りに縛られている。お母さんを恨むのはやめなさい。

それはあなたの言い訳だ。お母さんを許しなさい。

鷲のような目で俯瞰してみれば、自分の心がちっぽけに見えるでしょう。

箱の中のネズミでいるのはおやめなさい。」

引用元:モーリーン・マードック著「ヒロインの旅 女性性から読み解く<本当の自分>と創造的な生き方」

母と自分を受け入れて、ハートのある男を探す

母を受け入れ、自分を受け入れることで女性性が癒されると、私たちは次のステップへと進みます。

女性性だけを癒しても、私たちはまだ望んだ幸せを手に入れていく行動力を発揮できないからです。

なぜなら、私たちの中にある女性性と男性性のバランスこそが、望んだ幸せを実現して手に入れていくことに繋がっているからです。

疲れて立ち止まったヒロインにとって、男性性もまた悪の様になってしまっています。

だって、男勝りに頑張ったら疲れ果ててしまったのだから。

じゃあ女性性を使わなくちゃ!と女性性ばかりに偏ると、それもまた満たされない現実になるのです。

人は理性が働くと、柔軟で生き生きとした輝きを失いがちになる。

頭脳が身体の感覚を受け付けなくなるからだ。

「エロス(性愛)を離れてロゴス(論理)に近づくほど、右脳より左脳の活動が強くなる。

女性性や女神、聖杯など、言葉では表せない力から切り離されてしまう。」

悲しみや孤独を感じても、その原因が内面の偏りとは気づきにくい。


ここで言う男性性も、性別問わず誰もが持つ性質を指す。

男性性を暴走させれば人は闘争的で批判的、破壊的になる。

冷淡で人間味に欠け、何が犠牲になろうと全てを前進させようとする。

完璧と支配を求め続けるのだ。

引用元:モーリーン・マードック著「ヒロインの旅 女性性から読み解く<本当の自分>と創造的な生き方」

ハートのある男とは、ありのままを受け入れる愛

男性性の修復もまた、男性性の本質に気づくことでもあります。

暴走させた男性性ではなく、真の価値、力に気づく事。

男性性とは戦うことではないし、破壊することでも、誰かを蹴落とすことでもない。

エゴをただ貫くことでもなければ、成り上がっていくことでもない。

本来のハートのある男、男性性とは、ありのままを受け入れ望みを叶る存在です。

行動力、実現する力、進む力。

ハートがある男は賢く、人々に敬意を払い、心からの尊敬を持ち合わせています。

平等であり、自分と同じように人々に接する。

そんな男性性の本質を知り、自分の内なる男性性を認めることが出来て初めて、ヒロインは「自分」という一人の人間の真の価値に気づくことができます。

外側の評価に左右されるものではない、ありのままの自分の価値です。

そして、ヒロインは女性性と男性性のバランスに気づくことができるのです。

このありのままの自分の価値に気づくこと、そのプロセス、男性性と女性性のバランスに気づくことこそが、ヒロインの旅の宝、叡智なのです。

ヒロインの課題は勝つことではない。受け入れることだ。

自分の心の中で暴君になってしまった、愛されないでいる隠れた部分を。

よく見もせずに放っておいた部分を。

人生を振り返って真実を見つめ、あらゆる矛盾を検証せねばならない。

誰の心にも、闇に潜む怪物がいる。

エドワード・ウィットモントの言葉を借りれば「意識を保ち、葛藤の苦悩に耐え、それに身を任せること」が必要だ。

それがヒロインの仕事である。愛で世界を変えることーそのためには、まず自分自身を変えなくてはならない。


ヒロインは天地と冥界の女王である。

人生を振り返り、人々を責めることから卒業する。

人々はみな彼女の中にいる。

ヒロインは旅で得た叡智を与え、女も男も子供たちをも変化させる。

引用元:モーリーン・マードック著「ヒロインの旅 女性性から読み解く<本当の自分>と創造的な生き方」

2つに分けてみていた世界を一つにしていく力

「母と娘の断絶の修復」の段階にいた私は、このヒロインの旅に出逢いました。

男性性を使って社会で生きてきて、ああ違ったなって立ち止まり、女性性や女らしさって何なんだ?と探求していた私。

そこでは、過去に感じていた母への様々な葛藤や想いがありました。

でも、それをどうしたらいいのかわからなかったのです。

母を受け入れよう、許そうとしても、そこにある抵抗感。

私には癒しが必要で、その癒しのプロセスが、このヒロインの旅を通したインナーチャイルドワークに繋がっていました。

過去の感情を思い出し、解放していくのに、このヒロインの旅のプロセスを通して自分の人生を振り返ることがぴったりだったのです。

本で書かれる神話、著者の経験やクライアントの経験による言葉に共感し、時に思い出しては涙し、つらかった自分も頑張った自分も全部振り返る。

そして、どうしてこうなってしまったのか?に気づき、それは大いなる勘違いであったことにも気づいていく。

ややこしくしているのは自分。

力んでしまったものを、流れに任せせてゆだねていくと、自分の内側で本当に引っかかっている部分がわかるようになります。

そうして、私は、頭では理解していても実践できずにいた、男性性と女性性の統合、二元性を越えた実践部分へ一歩踏み出せるきっかけを得ていったのです。

次回は、そんな私の女性性と男性性の統合と、インナーチャイルドの癒しをシェアします。

イベント・人生を豊かにする読書会


お金の不安や不自由さ、お金を追いかけている現実から解放されたいあなたへ。
お金や豊かさの本質的な学びとマインドが自然と身に着いて
お金と豊かさから愛され、どんどん増えていく・・・
 
そんな、お金と豊かさに愛される人生を始めませんか?
 

心から満たされ幸せな恋愛、パートナシップを手に入れたい、育みたい人へ

 6/6 (木)13:00~オンライン 心から満たされる恋愛、パートナシップの育み方セミナー
 6/15 (土)9:00~オンライン 心から満たされる恋愛、パートナシップの育み方セミナー

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください