ビザや豪生活お役立ち

ビザや豪生活お役立ち

ホールドしているビザの就労や就学条件を確認する方法

ブリスベンの河合ゆうきです^^ パートナービザの申請関連のブログがみなさまのお役に立っているようでとてもうれしいです。 コメントや質問を頂く中で、一番多かったものがあります。 ブリッジングビザやテンポラリーパートナービザ(subclass820)の就労条件についてです。 自分が持っているブリッジングビザは働くことができるか? 自分が持っているTemporaryパートナービザは働くことができるか? ビザの条件に関しても質問が多く寄せられています。 今回は、自分が持っているビザのコンディションを確認する方法についてお届けします。 ビザの条件を確認する方法 これまで、イミグレーションのオンラインページでは、ビザごとの就労や就学条件に関してはホールドしている人の背景によって異なるという表記がされていました。 しかし、ホームページのリニューアル後から、ビザの条件はVisa Entitlement Verification Onlineで確認するとされています。 Visa Entitlement Verification Onlineを略してVEVOとし、ビザの条件を提示する際にも使用するように書かれています。 雇用主や学校なども適正確認をする際にVEVOを使用して、ビザ保持者のコンディション確認をするように促しています。 VEVOに関する公式ページはこちら VEVOで確認できる内容、条件 VEVOで確認できるビザの条件、内容は以下になります。 which visa the expiry date the must not arrive after date the period of stay (how long you can stay)  conditions (what you can and can’t do) ビザのサブクラス、種類 有効期限 入国期限 滞在期限 何ができるか、できないかの条件 このVEVOは、観光ビザをオンラインで申請した場合にも使われます。 ビザを持っているすべての人は(1990年以降の申請者)VEVOでビザの条件を確認できます。 ということで、パートナービザを申請した人の場合、ブリッジングビザの条件もここで確認が可能です。 VEVOの使い方 VEVOページはこちら 以下に写真付きでの手順紹介をしています。 TOPページのドキュメントタイプではパスポートを選びます。 パスポートを選択すると、次にリファレンスタイプを選択します。 ここで、リファレンスの種類には以下があります。 Transaction Reference Number (TRN) Visa Evidence Number Visa Grant Number Password パートナービザ申請している人の場合は、ImmiAccountのアプリケーションまたはメールに添付されてくるVISA GRANT NOTICEで、TRNまたはVisa Grant Numberを確認することができます。 パスポートの情報 TRNまたはVisa GrantNumber の情報を入力します。 必要情報をすべて入力しSubmitすると、現在持っているビザの情報が以下のように確認できます。 私が現在ホールドしているビザはパートナービザ801です。 画像にある項目が確認できます。 項目の下の方にあるWork entitlementsが就労条件となります。 この項目にどのように記載があるか?が、あなたが現在持っているビザの仕事をする上での条件です。 このコンディション詳細はPDFファイルとして保存またはEmailで送信することが可能です。 一度ダウンロードしておくと、仕事をするときや就学でコンディションを伝える時にとても便利です。 まとめ VEVOはパートナービザに関わらず、すべてのビザに関して有効です。 ビザを保有している人は、VEVOを使うことで持っているビザの条件を確認できます。 また、職場や就学先でもビザの条件を確認したい際にはこのVEVOの情報を確認するように推奨されています。 「働けるのか?」「勉強や通学はどの程度できるのか?」「旅行は可能か?」といった条件の確認に、VEVOを活用してください。

ビザや豪生活お役立ち

パーマネントパートナービザ(Subclass801)の申請方法~テンポラリーパートナービザ(Subclass820)からのPR申請~

ブリスベン在住河合ゆうきです^^ 私は、2015年にパートナービザを申請し、2018年にPermanentパートナービザがおりました。 私たちは、ビザ申請には弁護士やエージェントは使わず、自分たちでオンライン申請のみで取得しています。 このブログでは私たちの経過記録と、パートナービザ申請における2018年10月現在の最新情報をまとめています。 この記事では、テンポラリーパートナービザ(Subclass820)からパーマネント(Subclass801)への申請の方法をまとめています。 テンポラリーパートナービザ(Subclass820)の申請に関してのブログはこちら↓↓ 【注意喚起あり】ワーホリビザからパートナービザ(ディファクトsubclass820)の申請方法と私の記録。 (2018年11月のイミグレwebページリニューアル後の情報に対応しています) パーマネントパートナービザ(801)申請はいつできるか? オーストラリア政府、イミグレーションは、ビザに関する決まりや仕組みを年々変更しています。 ※ここで書いている情報は2018年10月時点での最新情報となるので、必ずご自身が申請する際の最新情報を確認してください。 ※2018年11月から、イミグレーションのwebサイトがさらにリニューアルされました。 Partner visa (Permanent) subclass801のページはこちら   2018年10月現在、テンポラリーPartner Visa820から、パーマネントPartner Visa801が申請できるのは、 一番初めのパートナービザ申請をした日、つまりImmiAccountでStage1のアプリケーションを確定した日から数えて約2年後からとされています。 以下の画像の赤線部分です。 リニューアル前は、自分が申請の適応があるかどうかを確認できるページがあったのですが、それが廃止されました。   パーマネントパートナービザ(801)の申請方法 パーマネントビザ申請の適応になっている場合、Permanent Partner Visa(801)をオンラインから申請します。 オーストラリア移民局は、2018年7月からビザの手続きは基本的にオンラインでの申請とし、最初のビザ申請がペーパーワークだった人も、オンラインでの申請を推奨しています。 このブログではオンライン申請の方法を解説します。 1.ImmiAccountからパーマネント申請アプリケーションを入力する ImmiAccountの作成方法は、前回のブログを参照してください。 ImmiAccountにログインをしたら、左上のNew Applicationを選択します。 そこから、FamilyセクションのStage2-Permanent Partner Visa Assessment(100,801)を選択し、アプリケーションを立ち上げます。 アプリケーションに必要事項を記入して、確定をします。 アプリケーションに入力する情報は 記述の部分などは、1回ですべてを書き終えるのはなかなか大変です。 入力途中でも、saveすることでアプリケーションを閉じることができるので、save機能を活用しましょう。 また、必要書類としてアップする2名分のForm888を記載した人の個人情報を記入する欄もあります。 アプリケーションを入力するにあたって、Form888の依頼と必要情報を得る必要があります 2.必要書類をアップロードする アプリケーションを全て入力し確定すると、必要書類をアップするアタッチフォームを使えるようになります。 必要書類をスキャナーや写真などでアップロードしていきます。 必要書類に関しては、公式ページのStep by Step セクションから確認ができます。 Step2 の Gather your documents にある、Show Stepsを開くと、書類のリストと詳細説明が確認できます。 Permanentの申請に必要な書類 私が実際に提出した書類 申請者のStatutory Declarations と申請者のIDコピー STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (APPLICANT) を記入しJPのサインをもらったものアップロード パスポートのIDページをアップロード パートナーのStatutory DeclarationsとIDコピー STATUTORY DECLARATION – PARTNER VISA (SPONSOR) を相方が記入しJPサインをもらったもの 免許証IDをアップロード 交際を証明してくれる2名それぞれのStatutory Declarations 彼のママと共通の友人にForm888を記入してもらい2名分アップ Temporaryビザが下りてから以降の出かけた映画のチケットや写真など 光熱費やVetBill請求の書類 私名義と彼名義のものをそれぞれ と、交際を証明する書類関連も、Temporary取得以降の日付のものをアップしました。 書類をすべてアップし終えたら、確定をします。 ここまでを終えたら、基本的にあとは待つだけになります。   Stage2パーマネントを申請してから取得までの期間 パーマネントビザの申請から、取得までにも待期期間があります。 私の周囲の友人の状況などから、個人によって待期期間はまちまちですが、早い友人は申請から半年で取得をしています。 私の場合は、申請から1年2ヶ月(14ヶ月)という結果でした。 政府の公式ページによると、現在の待期期間は18~25ヶ月とされています。 基本的に、政府が審査を始める際に、書類の不備がある場合はその連絡や、追加書類のリクエストメールがきます。 メールの返信期限は28日とされていて、その期間に返信や対応をしなかった場合は申請が棄却されると記載されていました。 ですので、ImmiAccountに登録しているメールアドレスに届くメールのチェックは必ずするようにしましょう。 私の場合も、2018年の8月に追加書類のリクエストが来たため、それに対応した結果、翌月の2018年9月にパーマネントビザがおりました。 指示された期間内で対応できない場合などは、その旨を伝えることで期限を延ばしてもらうことも可能です。 必ず、イミグレーションから届くメールが受信できるようにしておき、忘れずにチェックするようにしましょう。 万が一、メールがちゃんと届いているかわからない場合は、ImmiAccount内のMyAccountから、イミグレーションが発行したメッセージの確認ができます。 そこにメッセージがない限りは、イミグレーションからメールはされていません。 私の友人には待てどもメールが来ないと定期的にImmiAccountをチェックしていました。(笑) まとめ Temporary Partner VisaからPermanent ビザへの申請は、イミグレーションからの連絡はありません。 なので、自分で確認をし、アクションをしなければ永住権を得ることはできません。…

ビザや豪生活お役立ち

パートナービザを申請したら、メディケアを申請しよう!

  ワーホリや海外生活で、医療保険の問題はつきものです。 パートナービザを申請して、今のビザが切れたらどうなるの? そんな不安もあるかもしれません。 実はオーストラリアでは、パートナービザを申請した場合のブリッジングビザAであれば、オーストラリアの医療保険制度メディケアカードを持つことができます。 パートナービザを申請したら、メディケアを申請し、もしものための医療保険も手にしておきましょう。 私の場合、自然療法主体の生き方なので、メディケアカードはほぼお守り状態ですが、今後妊娠した場合などお世話になることも多くなるでしょう。 メディケアの申請ができる人 メディケアを管轄しているのは、​The Department of Human Services (DHS) です。 基本的には、オーストラリア国民が対象ですが、 特定の条件下のNZ国民、永住権保持者と永住権に関連したビザ申請者も対象になります。 テンポラリービザであっても、パーマネントとリンクしているビザの申請者であれば、メディケアを申請できる対象者となっています。 以下DHS Medicareページより抜粋 If you live in Australia and have applied for permanent residency You may be able to get a Medicare card if you live in Australia and have applied for a: permanent residency visa, excluding parent visas, or permanent protection visa You must: be on a visa allowing you to work, or prove your parent, spouse or child is an Australian citizen, permanent resident, or a New Zealand citizen living in Australia This includes if you’ve applied for a combined spouse visa 309/100 or 820/801. You’re eligible for Medicare from the…

ビザや豪生活お役立ち

【注意喚起あり】ワーホリビザからパートナービザ(ディファクトsubclass820)の申請方法と私の記録。

ブリスベン在住、河合ゆうきです。 2014年7月にワーホリビザでオーストラリアに来た私。 当初の予定では、ワーホリ1年またはセカンドをとって2年過ごし、日本へ帰国する予定でした。 そんな私はワーホリ期間中に、現在のパートナーと出逢い、パートナービザ(ディファクト)を申請することになりました。 正直に言えば、当時の私は彼と出会ってまだ数ヶ月。 これからのことや、未来のことを考えつつも「わからない」ことが本当に多くありました。 情報を探していた当時の英語力も拙かったこともあり、大変なこともたくさん。 私と同じようにワーホリから移住や永住、国際恋愛や結婚で新たな環境に適応していこうとしている人に向けて、このブログでは私のオーストラリアでの奮闘記も書いていきたいと思います。   国際恋愛スタートからパーマネントパートナービザ取得までの経過 私たちの場合は、オーストラリア国内在住で、パートナー関係にある事実上の婚姻、ディファクトパートナービザの申請をしています。 パートナービザ申請では、エージェントや弁護士のサポートは受けていません。 自分たちでオンラインでの申請をしています。 最初の申請から、テンポラリービザがおりるまで1年4ヶ月(16ヶ月)。 Stage2の申請から、パーマネントビザがおりるまで1年2ヶ月(14ヶ月)。 という結果になっています。 私が申請した2015年から現在の間にも、毎年規定が少しずつ変わっています。 年々審査期間は伸び、申請費用も上がっていますので、申請予定の段階で公式情報の確認をしてください。 イミグレーションのPartner Visaページ’(オーストラリア国内から申請の場合)   事実婚の証明として活用した交際登録制度 通常パートナービザを申請するためには、婚姻または事実婚(1年以上の交際、一緒に住んでいる証明)が必要です。 パートナービザを申請する時、私たちはまだ付き合って1年たっていませんでした。 付き合い始めた段階で、その先のビザのことも話し始めていた私たち。 パートナビザを申請していくことも視野に入れ、2015年4月に Registering a civil partnership without a ceremony という、パートナー交際登録をしました。 パートナービザ申請をした際は、その証明書を使って私たちの交際が真剣なものであること示し、ディファクトパートナビザの申請をしています。 ※2018年現在、この登録制度は州によって異なるので、住んでいる州の制度を確認する必要があります。 パートナービザの申請方法 具体的に、パートナービザをどうやって申請するのか? 現在、オーストラリア政府の様々なサービスはオンライン化がすすめられています。 2018年7月から、パートナービザの申請にはオンラインのImmiAccountが必ず必要になっています。 その為、パートナービザに関するページも以前よりわかりやすい説明になりました。 (私が申請した当時は、オンライン化のスタートしたばかりで、色々とわかりにくいことも多くありました。) 基本的なステップは 提出資料準備 ImmiAccountの作成 オンラインのアプリケーションから申請 費用の支払い 必要書類や追加書類をアップする(申請時にすべて提出した場合は不要) 健康診断をうける というステップになります。 1.必要書類を集める パートナービザの申請には、オンラインのアプリケーションを記入するだけでなく、様々な書類や、個人情報に関連した書類のアップロードが必要になります。 提出は全てオンラインのアップロードで行います。 特に日本から取り寄せる必要があるものや、翻訳が必要なもの、JPのサインが必要なもの、友人や家族に頼む必要があるものなど、すぐには用意できないものも多いので、早めに準備をしておいた方が慌てずに済みます。 申請者の必要書類 公式のページから引用しています。 リンクもそのままにしているので、具体的な書類に関してはリンク先を参照してください。 ※2018年11月のサイトのリニューアルで、必要書類の確認もよりシンプルでわかりやすくなりました。 以下の画像を見ていただくとわかりますが、Partner visa (Temporary) subclass820 ページの Step by Stepのセクションで確認ができます。 step2の Gather your documentsの横にある、Show stepsボタンで詳細を開くと確認ができます。 このブログでは公式ページからリンクもそのままに、必要な書類のページを引用しています。 私が実際に用意した書類(2015年7月時点)は、以下にまとめています。   Step 2 Gather your documents Provide accurate information. See what happens if you can’t prove your identity or don’t provide true information. Identity documents Provide a birth certificate showing the names of both parents. If you can’t…

ビザや豪生活お役立ち

Ekka(エッカ)って何?ブリスベンで開催されるお祭りは遊園地のよう!

こんにちは!ブリスベンの河合ゆうきです^^ オーストラリアの8月は冬真っただ中。 日中は20℃後半まで気温が上がり春のような陽気ですが、朝晩は冷え込みます。 そんな8月、ブリスベンでは毎年恒例のお祭りがあります。 クイーンズランダー(クイーンズランドで暮らす人)が楽しみにしているお祭り Royal Queensland Show ロイヤルクイーンズランドショーの「Ekka(エッカ)」です! え?何それ・・・と思った人、この記事ではEkkaについて紹介しますね^^ Ekka(エッカ)とは? Ekka(エッカ)とは、ブリスベンで毎年8月に10日間にわたって開催されるお祭りです。 正式名称は「Royal Queensland Show(ロイヤルクイーンズランドショー)」で、移動遊園地の様に、各都市で開催されています。 ブリスベンでは「Brisbane Exhibition(ブリスベン エキシビジョン)」と呼ばれることもあり、この名前が短縮されて「Ekka」と呼ばれるようになったそうです。 もともとこのお祭りは、農業収穫祭が起源になっていて、同州内の農家や事業者が毎年成果を競うお祭りでもあります。 なので、Ekkaの中では、様々な分野でのコンペティションが開催され、その結果が発表されているブースがあります。 Ekka期間中の水曜日は毎年、People’s Day (the official Royal Queensland Show public holiday)として祝日になります。 面白いのは混雑しないようにと言う配慮から、ブリスベン内でも地域によってこの祝日はずらされていること。なので、私が暮らす地域は月曜日が祝日になっています。 現在のEkkaでは、ファーマーブースでは、動物たちと触れ合える場所や、様々な体験ができます。 薪割りや、木を切り倒す競技、ロデオなど、農林業に関連した様々なコンペティション。 フードブースでは屋台のような食べ物から、出張レストランのようなブースもあります。 そして、遊園地のようなアトラクションもあってとても賑やかです。 2018年は8月10日(金)~19日(日)までの開催です。 [quads id=1] Ekkaでは何ができるの? そんなEkkaですが、会場内で体験できることは多種多様です。 どんな体験ができるか?まとめてみました。 エンターテイメント 朝から夜まで、Ekkaの会場のいたるところでショーやイベントが開催されます。 音楽の生演奏ステージや、クラウンによるショー、子供向けのパペットショーなど様々です。 中でも私が大好きで毎年恒例のショーがあります。 それは、 Heritage Bank Racing Pigs! 子豚のレースです! 50メートルのトラックを子豚たちが飛ぶように走って競走します。 そして、メインはジャンプ台からプールへのダイブ! このレースが私は大好きで、毎年見に行きます。(笑) 我が家の愛犬ミッシーが子豚のようだから、親近感があるんですよね。 エンターテイメントのショーは、Ekkaの会場チケット以外に追加料金はありません。 スケジュールをチェックして、気になるものをぜひ楽しんでください。 ライドアトラクション 子供たちがもっとも楽しみにしているであろう、アトラクション。 日本の遊園地を知っている人からすると、ちょっとチープに感じられるかもしれません。 でも、移動遊園地感のあるレトロな雰囲気や、夜ライトアップされた姿を観れば、まるで映画のシーンのように感じられます。 コースター系から、カルーセルやお化け屋敷などなど、その種類は豊富です。 私はライド系はほぼ乗りませんが、相方は今での乗りたいらしいです。(笑) 純QLD育ちの彼にとって、Ekkaのライドアトラクションは子供の時の思い出がたくさん詰まっているんですよね。 それぞれのライドにまつわる面白話を聞くのが、私は好きです。 あ、中でも1つだけ私が乗ってみたいアトラクションがあります。それは、Skyflyerです。 子供のころ、富士急ハイランドで何度も何度ものったライドを思い出すからなんですが、風を切ってのるブランコが好きなんです。 脚立の上とか、観覧車とかは高所恐怖症であまり好きじゃないのに、なぜかこれは大丈夫っていう私の不思議です。 なお、ライドアトラクションは無料ではなく、それぞれのライドごとに料金がかかります。 ショーバッグ Ekkaの風物詩ともいえる、ショーバッグ。これは、日本でイメージするなら福袋が近いでしょうか。 お菓子の各種ブランドや、フットボールチーム、コスメブランド、ティーブランド、雑誌マガジン、キャラクターなどなどがショーバッグを売り出します。 ちょっとお菓子を食べたい!にピッタリな$2のバッグから、非売品が詰まったショーバッグまで様々あります。 毎年子供たちはこれを買ってもらうのを楽しみにしている様子。 私もティーブランドのものや、ヘルシーフード系のものなどで、気になったら購入します。 値段はだいたい$30くらいまででしょうか。 ショーバッグのブースは混雑するのので、ショーバッグの種類や値段、中身などは公式サイトのショーバッグのページで事前に確認しておくと、当日購入がスムーズです。 また、Ekka終了間際では、ショーバッグの値下げもされるので、お菓子など値下げされたバッグを狙うのもありかもしれませんね。 [quads id=1] アニマルエリア Ekkaではファーマーたちの動物も大集合します。 犬、猫、鶏、牛、豚、馬、ヤギ、羊、アルパカ、ベビーアニマルなどなど、その種類は本当にたくさんです。 動物のコンペティション会場は、それぞれの農家が育てた動物たちを実際に見ることができます。 ふれあい体験コーナーや、保護動物団体のブース、各種動物のショーも行われています。 オーストラリアは、暮らす人々と動物との距離が近いと私は感じています。農業が盛んだからということもあるかもしれませんが、こういったショーで触れ合う、知る機会が子供の時からあるのも大きいのかなと思います。 展示エリア ハンドメイド、ホームメイドの様々な分野のコンペティションが行われるのもEkkaです。 デコレーションケーキ、フルーツケーキ、各種芸術(絵画、彫刻、写真)、ハンドメイド作品、キルト、教育的展示物などなど、展示コーナーで並べられる作品たちの数には驚きます。 フード Ekkaでは、屋台!と言う感じの食べ物から、ステーキや本格的なレストランの一皿まで、様々なフードを楽しむことができます。 中でも、Ekkaといえばの名物スイーツがあります。 それは、ストロベリーサンデー! 値段は確か$5でしたが、今年の値段はまだ未確認です。 いちご農家のフレッシュないちごをふんだんに使った、ストロベリーアイスクリームがポイント! このサンデーは昔から変わることなくあるので、Ekkaといえば、食べなくちゃ!という人も多いようです。 販売する側は流れ作業でどんどん作って、なかなか大変そうですけど、それだけ売れるってことですよね。 Ekka内の様々なエリアで、ストロベリーサンデーは買うことができますよ。 花火 Ekka期間中は毎晩花火が上がります。 ショータイプの花火なので、遠くから見るというよりはメインイベント会場で眺める感じになります。 19:45~15分間の花火ですが、これを観たくて夜に合わせてくる人もいます。 日中は半袖でも過ごせる気候のブリスベンですが、夜は冷え込みます。花火を観る人は寒さ対策も考慮しておくことをおすすめします。 [quads id=1] Ekkaに行くには Ekkaチケット 2018年Ekkaの入場チケットは大人$35(15歳以上)になっています。 早割りなどもあり、事前にオンラインで購入する場合は多少お得になります。 また、語学学校に通ってる、留学中で学生という人の場合は、学生料金$25になる場合があります。 語学学校や授業の取方(フルタイムかどうか)等によって適応されない場合もあるので確認が必要です。…