弱さも本音もその時に正直に話せる勇気と生まれるエネルギー。

ブリスベンのライフコーチ

河合ゆうきです

 

6月は自分に正直に

内にわく共感、感情、想いを素直に表現してきました。

そうすることで、共鳴する世界の広がりを感じ、喜びや幸せを感じる瞬間が増えていきました。

 

自分に正直に生きる。

それは、本来の自分の喜びや幸せをとことん生きること。

そうやって決めたからこそ、本来の自分にどんどん戻るためのステップと

気づいて手放していく上昇のためのステップが用意されているのを感じています。

 

前回のブログをアップしてから、今日までの間にも深い気づきと共感を感じ、一つの挑戦をしようと、この記事を書いています。

 

私は今年、心から求めていた、そして望んでいたコミュニティや仲間を手に入れることができました。

 

そして、そこでの学びや、メンバーと共にする時間の中で、本当に素敵だなと感じることに恵まれ、気づきと成長の機会があります。

 

今回とても深く心を揺さぶられたことがありました。

それは、学びを共にしたリ、シェアをしている場、

その集まったメンバーの中で、

自分ではうまくいっていないと感じていること

今まさに感じている葛藤や不安、恐怖を正直に話す参加者の姿と

そこから生まれるエネルギーの変化です。

 

実は、全く別のコミュニティで、同じように「自分の状態を正直に話す」姿とそこで起こる反応を体感する機会に恵まれました。

 

私はこれを一つのメッセージだと感じています。

 

なぜなら、私はそれができない人だったから。

 

調子が良い時はいくらでも正直に話ができる。

暗闇に落ち込んだり、悩んだり葛藤したことも、自分で解決したり納得して、浮上すればいくらでも話すことができる。

でも、実際に自分の状態が低いなと感じたり、葛藤している渦中にいるときは、話すことができない生き方をこれまではしてきました。

 

実際に2016年にコーチとして起業し始めた私でしたが、起業するまで、してからも葛藤や悩んでいることを正直に話すことができず、私の感覚としては3年くらい暗闇の中をもがいていた感覚でした。(ヒロインの旅で話している冥界下りの時期です)

 

でも、話せなかったのです。

 

その背景にあったのは、

それまで育ってきたなかで身に着けていた

「自分で何とかしなくては」

「自分で解決しなければ」

「自分で乗り越えなければ」

といった制限や思い込み

そして、

「どう見られるか?」

それまで自分で勝手に作り上げてきた

自分のイメージから逸脱する恐怖でした。

 

インナーチャイルドにも関係している過去の体験、経験から、私はたくさんの我慢をしてきました。

その中で、頼ることや甘えることが苦手になり、

気づけばいつも自分で何とかする人生を歩んできました。

 

オーストラリアのワーホリでリハビリ期間を過ごし、頼ったり、甘えてもいいと気づき始めた私でしたが、根強い癖と過去の我慢やインナーチャイルドによって、結局同じパターンを繰り返し、3年ずーっと暗闇にいたのでした。

 

そこから、何度も書いていますが、

2019年に入って、シドニーのガイアハウスを経営しているマキさんとの出逢いと、ヒロインの旅との出逢い、そこから始まるご縁とコミュニティ、仲間によって、私は上昇し始めることが出来たのでした。

 

とはいえ、私がもがいた暗闇期間やそのプロセスに後悔は一切ありません。

それは、この経験があるからこそ、わかり、気づき、生み出すことができるものがあると感じているからです。

 

今回、コミュニティや集まったメンバーの前で、「自分の状態を正直に話す」参加者の言葉、エネルギーが、そこに集まる人たちと共鳴しだし、本当に暖かく愛に満ちたエネルギー、応援や祈りのエネルギーになっていくのを目の当たりにしました。

 

「自分の状態を正直に話す」

 

何気なくできる人もいるかもしれませんが、それは本当に強みであり、才能の1つだと私は感じています。

 

私はそれが苦手でできずにいたから、その姿は本当に素敵だと感じるのです。

と同時に、私もそうやって正直にありたいと心から感じました。

 

正直にあることが生み出すエネルギーに触れ、そのエネルギーは必ず正直に話した人を上昇に導くものだと感じています。

 

そんなエネルギーに包まれ、上昇へのプロセスへの信頼が強まることで、ひとりで抱えていた時以上に、上昇へのプロセスは加速していくだろうし、確かなものになると感じました。

 

だから、私はそうやって上昇していける人でありたいのです。

 

今、私の目の前にはまた一つ上昇のためのラインが用意されているのを感じています。

この一歩を踏み出すことで起こる変化に恐れを感じています。

その恐れは、失うかもしれないものや、リスクとなるかもしれないことが、自分にとって本当に大切なものだから。

ずっと望んで願って手に入れたものでもあるからです。

 

だけど、それを正直に打ち明ける機会を頂き、この恐れを言語化できるようになりました。

これから受け取るメッセージがどんなものか?

ドキドキもワクワクも混在する不思議な感覚です。

 

だけど、私は一歩踏み出すことは決めている。

決めているけれど、それが本当に怖い。

 

こんな風に葛藤していることを書いてみようと思い、今日はブログを書いています。

 

本来の自分の幸せや喜びを生きること。

本来の自分の喜ぶものを選択していくこと。

これには逆風もまだまだある世の中です。

だけど、世界は変化している。

大きく変化をしようとしている。

だからこそ、既存の当たり前、こうであるべきを手放し、私は自分の心の声を信じて進む。

 

そのために、今、この恐怖を味わうことも必要なプロセスなのだと感じています。

 

今日は、そんな私の気づきと葛藤のシェアを書いてみました。

 

 

最新セミナー情報

 

8月からスタート第1期モニター募集します!

↓↓詳細はこちらのバナーから↓↓

 

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス