海外で苦手に感じること・・・それは運転。

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ河合ゆうきです^^

 

 

私がオーストラリアで
ストレスに感じること・・・・

 

それは

 

車の運転

 

です!

 

 

免許を取ったのは、大学生の時でしたが、
もともと育ったのは長野の田舎。
そこで免許をとればよかったんですが、
学生しながら通ったので、
千葉の国府台で免許を取りました。

 

 

国府台の自動車教習所の周辺の、
道路の細さ・・・鋭角な角を曲がったり、
まぁ、広い車道に出るまでが大変。
そして地元の様には広くない道路と、
交通量の多さ・・・。

 

 

よく、車のミラーを飛ばしたり、
こすることなく免許が取れたなと
自分でも思うくらいです。

 

 

 

あれからね、10年経ってますが、
東京在住時はほぼ車は乗らない。
実家に帰った時に、忘れないようにと、
運転する程度でした・・・。
だから、ペーパーゴールドドライバー。

 

 

そんな私が、
オーストラリアで運転するようになって、
2年が経ちました・・・。ワオ!

 

 

 

オーストラリアの道路は広いし、
シティでなければ運転はしやすい環境。
車線も日本と同じ左車線。
交通ルールも大きな違いは無く、
標識が読めれば問題なし。

 

 

イギリス流れのルールなので、
交差点の代わりのラウンドアバウト(Roundabout)が、
最初は慣れるまでドキドキしました。
ハイウェイの入口とかでは、
5つの出入口があったりして、
交通量が多いとタイミングが難しかったり・・・

 

あとは、一般車道でも
制限速度が80kmとか当たり前の地域もある。
ハイウェイは制限速度110㎞とかなので、
めっちゃでかいトラックもそのスピードで
走行しているのとか、本当に怖いです。
チビカーじゃ吹っ飛びそう!

 

 

 

そんな中で、私が怖いのは、
イライラしたドライバーや、
スピードガンガンに
プッシュしてくるドライバー!!!!

 

 

 

私は交通規則を守って、
制限速度で走っているだけなのに、
まぁ、車のお知りにぴったり
くっついてプッシュしてきたり、
丘に登って下りに入る前に、
先が見えない見通しのよくないところで、
追い越してきたり・・・
危ないドライバーが多いのです。

 

みんなハンドル握ると、
アドレナリン出すぎちゃうのか?
ってくらい、そういうドライバーが多い。
子供を乗せたママドライバーが、
忙しさでめっちゃ
イライラしていることも多いです。

 

 

この国は
シュガーフラストレーションも多そうだなって、
密かに想ったりするのですが、
とにかく、気性の激しいドライバーが多い。

 

 

ので、私は結構ビビッて運転してて、
ストレスが多くありました。

 

 

そんな中、プッシュされても、
堂々としていればいいと、
彼ママのアドバイスや、
ママの対応方法を教えてもらってから、
それまでよりは気持ちが楽に!

 

 

ママになり切って、
イライラドライバーに巻き込まれない、
メンタリティを身に着けつつあります^^

 

 

最近の私の十八番は、
そういったドライバーに遭遇したら、
「あぁ、あぁ、大変ね。
かっ飛ばして追い越していけばいいわよ。
その先にきっと警察いるけどね!」

「Now you can fly~♪

Maybe there is police somewhere~♪」

と私が言うと、
たいていその先で本当に警察がいて、
そのドライバーが捕まっている!

 

 

ほ~ら、言ったじゃない!

と気分よく運転できることが多いです^^

 

 

 

オーストラリアでこの状況、
他の国での運転てどうなのだろう・・・
右側車線の運転とか私には果てしなく未知だわ・・・と
心から感じるのですが・・・

 

 

みなさんの運転事情はどうでしょうか?

 

 

日本も、都会で運転したら
こういうこと多いのかな?

 

現在募集中のイベントはこちら

 

 
自分らしく生きる人生へのステップを知る!
7日間の無料メールレッスン♪
 
お名前(姓名)
苗字名前
メールアドレス
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.