人生の中で向き合う、目的・目標についての話。

自分らしい生き方を磨く
ライフコーチ 河合ゆうきです^^

 

最近のクライアントさんと
メールレター読者さんとの話題が、
目的・目標って・・・という
部分が多いので、
今日は私なりの考えを書いてみました。

人生のビジョンと目的と目標

 

人生の中で考えることの多い
目的や目標・・・

 

目標や目的って何でしょうか?

 

私たちって、
学校に所属し始めた時から、
人生の中では何かと目的や目標を
問われることや
書かされることがありました。

 

私の場合看護師だったので、
目的や目標という部分は、
看護大学時代から看護師の間、
とにかく毎日確認していました。

 

学生実習とかね、
もう毎日記録漬けなんです。
毎朝、指導者さんに本日の目標と計画を
相談して実習をするっていうね。

 

そんな私ですが、
目的と目標の私なりの定義、捉え方を
今日は書いてみたいと思います。

 

ここで、まず広辞苑によると

もく・てき【目的】
成し遂げようと目指す事柄。
行為の目指すところ。
意図している事柄。

もく・ひょう【目標】
目じるし。
目的を達成するために設けた目当て、的。

つまり、最終的に目指す目的があり、
それを達成すために、設定するマイルストーンが
目標ということですね。

 

目的は自分のビジョンの本質的な部分。

目的は抽象的で、とても大きなもです。
それに対し目標は、
より具体的で目的を達成するために、
実践でき、結果や評価ができるものになります。

 

目的を考えるとき、
私はビジョンが大切だと思っています。

 

ビジョンとは、

・叶えたい理想の未来像
・目標を叶えた先に得られる状態
・理想の未来を手に入れた状態

といった、

自分が実現したい、
実際に生きていたい未来のイメージ

のことです。

そしてこのイメージは
自分の在り方、人間関係、健康、
お金、仕事、感情といった、
人生のあらゆる側面を
具体的にイメージしたものです。

 

それに対して、目的とは、

そのビジョンを実現させたい理由

に当たる部分。

なぜ、その未来を実現したいのか?

という点です。

なぜ、その人間関係を実現したいのか?
なぜ、そのお金の状態を実現したいのか?
なぜ、その感情の状態を実現したいのか?
なぜ、その健康の状態を実現したいのか?

といった、
ビジョンを実現させたい理由です。

 

今の説明、なんだかスケールが
大きいと感じるかもしれません。

 

なので、私のワーホリを
例にしてあげてみます。

 

私がワーホリで描いたビジョンは
(これは一部ですが・・・妄想族なので
もっと具体的に想像してました)

  • 国籍豊かな友人ができている。
  • 文化や社会背景の違いを話したり、それぞれの価値観に触れ考え方や視野が広がっている。
  • これまで不安だったことに対しても、見え方が変わっている。
  • やっぱり人は温かいという経験をしている。
  • 自然療法を知る機会に恵まれ 学びたことを学ぶことができている。
  • 日本ではできない経験をたくさんして、人生は楽しいと心から感じている。
  • 英語でコミュニケーションをとり、ローカルの仕事もできて経済的にもワーホリやラウンドを楽しむ余裕がある。
  • 日本についても新たな視点でとらえることができるようになっている。
  • 自分の人生を、どんなふうに生きていきたいかがもっとわかるようになっている。(ワーホリ後の生き方もイメージができるようになっている)

 

そして目的は

 どんな環境であっても、私は大丈夫だという安心感、
 自分の価値をしっかりと感じて生きる。
 これまでの人生の経験を人生に活かす生き方をし
 自分の人生のビジョンをより明確にするため。

だからワーホリに行く!

といった感じでした。

 

目的を達成するために目標が生まれる

 

こうやってビジョンという
実現したい状態をイメージし、
なぜそれをしたいのかという
目的が明確になると、

じゃあ、そのためにどうする?何する?

という目標が生まれます。

マイルストーンを設定するんですね。

私のワーホリの例で続けると

この目的とビジョンを
叶えるために何をする?
というのが目標になっていきます。

  • 語学学校に行き、コミュニケーション中心の英語を勉強する
  • ホームステイをし、ローカルの生活環境を体験する
  • ホームステイでホストファミリーとの繋がりをつくる
  • 語学学校で日本人以外の友人をつくる→数がたくさんよりも、深くつながる友人をもつ
  • 英語での会話で考えや意見、生き方などお互いが知ることができる コミュニケーションをとる
  • 語学学校のイベントや現地で出逢ったコミュニティのイベントに積極的に参加する
  • 海外、外国から見た日本はどうか?という意見を友人と会話する
  • 自然療法を学べる機会を調べる
  • ローカルの仕事を探す求人や学校のJOBクラブで情報を集める
  • わからないことは相談し、恥をかいてもいいから行動する
  • 色々な生き方や人生に触れ、自分の人生を考える機会を持つ

といった内容があげられました。

 

私の場合は比較的抽象的
目標が多いかもしれません。
英語も試験的なスコアとかではなく、
コミュニケーション、
相手を理解する、自分を表現する
という部分に焦点を当てていたりします。

 

だから、達成したかどうか?
という評価も、自分の感覚や、
相手のリアクションなどによる。
主観的な部分も多いです。

 

でも、それでいいかなって思っています。

 

だって、これは私の人生ですし、
この目的や目標は、
誰かに評価してもらうものではなく、
自分が評価するものだから。

 

数字だけが結果ではなく、
感覚も客観的に評価する努力はできます。
看護ケアとかそうでしたから。
相手が心から発してくれた言葉とか、
信頼関係を築くことができたという結果とかね。

 

 

あなただけの人生のビジョン・目的・目標がある

 

これまでの育ってきた環境
学校や教育、会社や社会の影響で
目的や目標のイメージが堅苦しく
「こうでなければならない!」
という思い込みや固定観念
あるかもしれません。

 

確かに、
具体的な数値が必要な場面もあるし、
状況、環境によって必要なことがあります。

 

ただ、人生において、
自分が人生でやりたいことにおいては、
数値とか、こうでなければならないものって
ほとんどないと思うんです。

 

自分が生きている~
人生って最幸~って感じらえる
それが一番だと思っています。

 

それを感じられるからしたいことがあるし、
叶えたいことがあるんだと私は思っています。

 

そしてそれを評価できるのは自分だけ。
誰も評価はできないんです。

 

 

人生のビジョン・目的・目標がわからない。
という場合、

まずは、

自分がどんな人生を生きたいか?
どんな人生が自分にとっての幸せか?

ということを考えることから、
スタートしてみてください。

そして浮かんだことを書き出したら、

なぜ、それをしたいのか?
なぜ、それを叶えたいのか?

そこに、あなただけの
人生にとっての大切にしたいことがあります。

そしてそれが目的になっていく。

 

よくわからない・・・
イメージできないという人は、
まず自分を知る、自分に向き合う
ことから始めてみるといいと思いますよ^^

 

BeMyLife7ステップレッスンもお勧めです!

 

 

現在募集中のイベントはこちら

 

 
自分らしく生きる人生へのステップを知る!
7日間の無料メールレッスン♪
 
お名前(姓名)
苗字名前
メールアドレス
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.