海外で戦争について気づく、みんな同じという感覚と、そこからどうするか?という視点。

オーストラリアから

ライフコーチの河合ゆうきです!

4月25日、オーストラリアはANZAC Dayでした。

アンザックデーとは、第一次世界大戦のガリポリの戦いを戦ったオーストラリア・ニュージーランド軍団の追悼の人して始まった祝日です。

今では、全ての戦争や国防に関わる人々に対する感謝と敬意を表現する人なっています。

 

ワーキングホリデーでオーストラリア生活を始めた時、語学学校でたくさんのオーストラリアの文化を学びました。アクティビティの中で、なるほどと思いながら感じたことがたくさんありました。

 

アンザックデーでは毎年、国防に貢献した人々、戦争で実際に戦いを経験している人々がマーチをし、そのパレードに人々が集まります。

パブでは毎年集まったメンバーがそれぞれの近況を語り合ったり、戦争の記憶をシェアしてくれる場面もあります。

私のパートナーもアーミー(陸軍)に所属していたので、様々な経験と知識をシェアしてくれることもあり、私は日本にいた頃には全く知らなかった世界、気づかなかったことに気づく時間を過ごしてきました。

 

今年のアンザックデーは、コロナウィルスの影響もありこれまで毎年過ごしてきたアンザックデーとは違い、ロックダウンの中それぞれができる範囲でその敬意、感謝を表現する日となりました。

 

毎年この時期になると、第一次世界大戦の時の話や、その後の様々な戦争のストーリーが新聞やニュースで取り上げられます。

それを読んだり聞いたりしている中で、私がこの数年で気づき変化したことがあります。

 

 

それは、みんなどの国も同じなんだということ。

 

それはどういうことかというと、日本にいて日本で戦争の話を聞く時、日本軍は味方であり、アメリカや他国は敵であったりします。

そして、原爆経験もある日本にとっては、私たちは被害者であるという感覚が少なからずある。私自身、これまで受けてきた教育の中では、俯瞰して大きく見る視点以上に、自国を中心とした世界の見方を育んできたのだと感じています。

 

そこから、オーストラリアで戦争の話を見聞きすると、日本軍が豪軍を攻撃し、多くの人が亡くなっている事実がある。こちらで聞けば、日本という私が生まれ育った国は敵になり、多くの人々の命を奪った存在であるのです。

 

最初の頃は、その事実を見聞きするたびに、心が痛む感覚、居場所がなくなるような感覚がありました。

自分の国を誇りに思いたい自分と、自分が生まれた国も実は世界の様々なところで命を奪ったり、捕虜に対してひどい拷問をしていたりする。

そういう事実があることを知るたびに、何とも言えない気持ちを感じていました。

でも、それが事実なのです。そして、それは日本だけではないのだということに気づき始めていきました。

より大きな視野が私の中に育まれ、様々な戦争の記録、映画を見るたびに、どの国も同じなのだと感じるようになっていきました。

 

これまでの歴史で見ても、領土を拡大していた時代は、そのために一般の全く普通に暮らしている人々が命を奪われたり、住む土地を奪われたりしている。でも、立ち位置かが変われば被害者にもなり、加害者にもなっているのだという事実がある。

結局、私たちは互いに同じようなことをし合っていた時代を生きていたのだということに気づかされたのでした。

 

だからこそ、誰が悪いとか正しいという二元性で議論していくことよりも、そういった事実がある上で、私たちは今とこれからをどう生きるのか?

に人々が意識を向けていくことが大切なんだと、今年のアンザックデーでは感じていました。

 

海外で暮らすという経験が与えてくれるものを改めて実感しています。

日本にいただけでは気づかなかったことがたくさんある。

そして、現地で暮らし、現地の人々と交わっていくことで、そこにある様々な制限や偏りに気づき、それらを超えていくことができるのではないかと感じています。

 

 

無料オンライン朝活開催中!

 

あなたの古い価値観を紐解き、新しい喜びの魔法をかける!

メールレターの登録はこちらから!

お名前(姓名)
 
メールアドレス

 


9つの質問に答えることで、今のあなたの「本来の自分との繋がりの状態」を診断します。

回答はメールですぐに受け取ることができます。

あなたの現在の状態に加え、「人生の上昇ステップの鍵」として、あなたがより本来の自分との繋がりを確かなものにして、心からの喜びや幸せを感じる人生へのアドバイスもお届けします。

この診断を受けると、「超実践的!本来の自分につながる5つのステップレッスン」も自動でお届けします!

さっそく診断してみる!

 

スピリチュアルとリアルの融合!スピリアルな世界へ。