内面の変化が現実世界に表現される時。

秋の始まり3月だけど、蒸し暑さが戻ってきたブリスベン。

ライフコーチの河合ゆうきです!

 

最近、私が生きる現実は、2019年に変化し、変容してきた私の内面世界が表現されているように感じます。

 

成長した、変容したことの答え合わせのような感じです。

 

それは、私自身が気づけることが増えたとも言えますし、目には見えないけれど私自身の変化のエネルギーが周囲に影響して共鳴したとも言えます。

 

何れにしても、理想として描き続け、アップデートしてきた未来が現実になっている。

 

昨夜は、「本来の自分とつながる!本音と感情に気づく、3ヶ月集中オンラインコース」のセッションをしていました。

 

その中でテーマになったことを今日はシェアします。

 

自分らしく生きよう、よりよく生きようと、

自分に向き合うことをスタートし、

内面を深掘りしたり、夢や理想を描いたり

感情や本音に気づいていく。

 

そうすると、

本来の自分との和解が進み、

自分がわかるようになり、

自分が望んでいる人生や生き方がわかるようになります。

 

そのために必要な成長や、あり方の変化を実践していく。

 

でも、自分では変わっているように感じていても、生きている日々はあまり変わらないと感じることがあります。

 

この世界は、自分の内面世界や見えない部分が現れているはずなのに、なぜ?となります。

 

こういった状況にある時、その原因の多くが

 

自分自身を真に肯定できずにいる

 

ということがあげられます。

 

それは、変化した自分、成長した自分、気づいた自分、変わる努力している自分・・・

 

そういったあらゆる自分に対して、まだどこか100%OKできていないということ。

 

さらには、疑いがあったり、変わることへの恐怖がまだあって、

 

そんな自分のことを否定していたり、認めずにいる状態です。

 

自分の内側で様々な相反するエネルギーがあり、それらが葛藤している。

 

そんな状態だったりします。

 

ここで大切なことは、そんならあらゆる状態全てを、一段上から眺めてその状態があるのだと認めていくことです。

 

ここでジャッジメント、判断はする必要はなく、もししてしまったとしても、それさえもさらに一段上から見ていく。

 

あぁ、ジャッジメント、判断しているね〜と見ておく。

 

自分自身を肯定する

 

というのは、

 

自分の内側で起こる感情や思考、あらゆるセルフトークなどを一度、そのままその状態で置いておくことができる。

 

ということです。

 

そうすることで、相反するエネルギーたちを包括する自分という存在が立ち上がってきます。

 

さらにいうと、どんな人の内側にも、絶対的に信じている自分(本来の自分と私が表現している存在です)がいます。

 

その存在を感じながら、あらゆる自分の中の出来事をそのままにしていく。

 

そうすると、抵抗したり、葛藤していたものが緩み、本当に願っている理想や創造したい現実が動き出す。

 

リアリティが変化し出すのです。

 

実際に、パーソナルサポートや、オンラインコースでのセッションの中でも、こういった変化を実感する瞬間があります。

 

一度体験して、知識だけではなく理解できると、今度は自分でも主体的に、積極的に自分自身の肯定をすることができるようになる。

 

そしてその先にあるのは、自分をより信じ、尊重していくプロセスです。

 

 

 

あなたは、自分自身の変化に、現実が伴っていないように感じることがありますか?

 

あなたの内側にあるあらゆる状態を高い視点で眺めると、どんな自分の状態が見えてくるでしょうか?

 

ひとつひとつをそのままに、その状態があるのだとしていく時間を、1日10分でも良いので持ってみましょう。

 

そして、その後に起こる日々の出来事とそこから感じる感情、感覚の変化を観察してみましょう。

 

ぜひ、取り組んでみてくださいね!


9つの質問に答えることで、今のあなたの「本来の自分との繋がりの状態」を診断します。

回答はメールですぐに受け取ることができます。

あなたの現在の状態に加え、「人生の上昇ステップの鍵」として、あなたがより本来の自分との繋がりを確かなものにして、心からの喜びや幸せを感じる人生へのアドバイスもお届けします。

この診断を受けると、「超実践的!本来の自分につながる5つのステップレッスン」も自動でお届けします!

さっそく診断してみる!

 

無料メールレター登録はこちら

お名前(姓名)
 
メールアドレス